March comes in like a lion

あのハチクロで男子のファンを多く獲得したであろう羽海野チカが今連載しているのが「3月のライオン」。桐山 零と言うプロ棋士の高校生を主人公に物語は描かれています。

a0009853_22485298.jpg


-将棋界と東京の下町を舞台に羽海野チカの最高の技法が紡ぎ出す優しさあふれるラブストーリー-(原作より)

どこかのインタビューで「はぐ(ハチクロ)は女の子という事もあって"戦う"と言う描写を描ききる事が出来なかった。今回の主人公が男の子というのは"戦い"の描写をきっちりと描いていきたいから。」と言った様な内容を読んだ記憶がある。
もちろんその戦いとは将棋

ハチクロとこの3月のライオンしか読んだ事がないけれど、作品のど真ん中を通っているシリアスな芯、そしてこれを柔らかく包み込む。
その2つの描写の組み合わせが絶妙なんだよなぁ。

あと、動物が喋っている(正確に言えば喋っている言葉が書いてある)セリフがかなりツボにはまる。

掲載紙が隔週発行という事もあり、のんびり待つしかないのだけれど、続きが楽しみなマンガのひとつ。
[PR]
by revolvergdsd | 2008-06-08 22:52 | BOOK

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd