FLYING POSTMAN LIVE Vol.15

昨日はFM802で当選したFLYING POSTMAN LIVE Vol.15に行ってきました。

出演アーティストは、熊木杏里、中村中、二千花、Metis。
熊木杏里、中村中はテレビで聞いた事あるくらいで、二千花はなんとか名前を知ってるくらい、Metisは名前聞いた事ある様な・・・という失礼な状態で観に行きました(笑)

開場10分後くらいに会場にはいると、結構ガラガラ。
まぁ、平日の5:30過ぎなのでしょうがないところもあるのですが。
入場している人も、前に固まったりせず、仕切のバーの所にキレイに散っているのでよけいにがらがらに見えたのかもしれませんね。
せっかくなので、前の方までいって中央の通路付近に陣取り、あとの時間は文庫本を読んでました。


ライブが始まり、まず出てきたのはR4。
このイベントに協力している大阪スクールオブミュージック専門学校の生徒さん達のバンドだそうです。アーティストとして表に出る側から裏方までコースがある専門学校のようで、スタッフとしても働いていたみたいです。
確かに、実際の現場での作業は良い経験になるでしょうね。

オープニングアクトが終わると、出てきたのは久保田コージ氏。FM802のDJです。
FM802主催のイベントは関連するプログラムのDJが出てきますが、久保田氏のFRIDAY COSMIC COASTER内でFRYING POSTMAN PRESS ADVENTURE CLUBというコーナーがあるため、今回の登場となったようです。

これから出てくる4組の紹介をして、久保田氏がステージから退き、いよいよライブ本編が開始。

トップバッターは熊木杏里

映画「バッテリー」の主題歌を歌ったり、NHK土曜ドラマとのタイアップ、資生堂CMとのタイアップなどが続いている為、名前を聞いた事がある人も増えてきていると思います。
多分、この人のサンプラーCD持ってると思うんだよなぁ、オレ。
名古屋にいた頃の話やからかなりのうろ覚えだけど、確か彼女だったはず。

アーティストとしての宣材が頭に焼き付いていたので実物の彼女とのギャップを感じました。
写真というのは、良くも悪くも写るからね。彼女はもちろん良い意味で。

こんな普通の子が、自己表現の場を求めて芸能界で頑張っているんだな。
それが、一番の印象。

穏やかな歌声で癒されました。


2番目は二千花

Vo.の宮本一粋のキャラクターが良かったです。
日帰りで帰るMCのくだりで「ゼニが稼げる様になったら」って言うセリフが出たのですが、アンタの年の言い回しやないやろと突っ込みたくなるセリフじゃないですか。

こちらも2枚目のシングルにして7/7後悔の「Genius Party」のエンディングテーマを唄うとの事で、その曲も披露してくれました。


3番目は、Metis

レゲエシンガーだけあって、最初から盛り上げ方がうまいというか、ライヴ慣れしている印象を受けました。
それに、広島出身という事もあるのか、メッセージ性が強いです。

Wikipediaによると、学問の神様である菅原道真の末裔らしい。
といっても、家系図は原爆に被災して無くなっており、Metisの祖母からの口伝でしかなく、確証は取れないみたいだけど。


トリは予想通り、中村中

去年の後半に「僕らの音楽」などメディアに取り上げられていましたが、今回はなんか一段と女らしくなった気が。
髪をアップにしていたからよけいにそう感じたんかもしれんけど。

彼女(彼?)が性同一性障害を抱えているのは、メディアでも公表されているけど、ただし、本人は「男という自覚も、女としての実感もない」ということらしい。

彼女の歌の低音部には確かに男を感じるけれど、立ち居振る舞いやしゃべり方には、全くそれを感じさせない。でも、21歳かぁ。落ち着きすぎだわ。そんだけ苦労してんのかな。

こういったイベントでは珍しくアンコールも1曲やってくれて、ライブは終了。


これからのアーティストをこういった形で見れるのは貴重だと思います。
1,2年後に大きく羽ばたいているのは誰になるのでしょうか。

応募するのはタダ。結構当たるもんですよ。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-05-18 22:40 | LIVE

@REQUESTAGE5

行ってきました。久々の城ホール。

SUNSTAR Ora2 Presents ROCK KIDS 802 SPECIAL LIVE REQUESTAGE5

番組先行で獲った席はアリーナDブロック。
開演ギリギリだったので、ブロックの後ろの方だろうと思ってたのですが、Dブロックの中で更に細分されていたおかげでDブロックの中で前の方に行くことができかなり良い場所でした。

ラインナップの発表の時にSuperflyが追加されてることにちょっと驚き(さっきオフシャル見たらちゃんと追加されてたけど)、そしたら1発目はSuperflyだろ、としばし待機。

で、始まりました。長丁場3時間半。

トップバッターはやっぱりSuperfly
「ハローハロー」で客の心を掴んでましたね。
今年のブレイクニューカマーとなるか。


お次は絢香
最後の方のMCで、MEET THE WORLD BEAT 2007への出演を発表してました。
ちなみにSuperflyも。詳しいことはまた後で書こうと思います。

三日月、I believe、Real voice、Peace loving、Jewelry dayとこれでもかと言った感じで、地元大阪を湧かせていたのですが、MCカミカミでしたね。そんなに緊張してたのでしょうか。
僕個人の見解としては前見た時より少しふっくらしたかな?と思ったのですが。気のせいですか?


3番目はまさかのゆず。このメンツだとaikoかゆずがてっきりトリかと思ってたのに。

ゆずのライヴはなんか「あったかさ」を感じました。
先週日帰りで大阪に来てオールロケで作ったというREQUESTAGE5用メドレー用の映像。
そんなところにも、ファンへの思いやりを感じました。
メドレーと言うことで知っている曲満載で楽しめたし。

自分はライブを見て好きになると言うパターンが結構あるのですが、ゆず、いいっすね。
元々、曲は聴いてたけど、ワンマンライブに行きたくなりました。


4番目はaiko。いつものように、お客さんに絡まれ、絡み返すMC。さすがです。
事前に「ROCK KIDS」の番組内で集計してあったREQUESTAGE5で唄って欲しい曲のランキングが出ていたこともあって、おいしいトコだけと言った感じ。
ボーイフレンド、桜の時、カブトムシの畳み掛けには参った。
締めには初披露の新曲「シアワセ」。曲調としては「花火」に近い感じかなぁ。
aikoライヴのしっとりコーナーのスタンダードナンバーになりそうです。
a0009853_1435738.jpg
a0009853_145112.jpg









コレがジャケット左が初回、右が通常です。
通常の方、可愛いなぁ。31とは思えん。

MCでゆずのメドレー用VTRの事に触れてて、ゆずに対して本気で嫉妬してそうなところが可愛かった。
「来年はあたしも作ってくる!」と言ってたけど、2年連続でaikoが出演する可能性は・・・。まずないだろうなぁ。


そして、トリはASIAN KUNG-FU GENERATION
アジカンのライブを観るのはかなりの久々。
REQUESTAGE2で初めて生アジカンを観て、その後1年くらいで3、4回観た気がするけど最近はご無沙汰。
ゆずも終わって、aikoも終わって、会場の雰囲気が少しまったりし始めようとしていたので心配だったのですが、その心配も杞憂に。

見事に盛り上げてくれました。久々に聴いた「君という花」。やっぱ名曲です。
また、アジカン聴き直そうかなって思わせてくれたライヴでした。


アジカン終わったらもう10時10分。毎年の事ながら長いな。このライヴは。
今年はスタンディングと言うことで足が疲れました。ホント。
もういい年だから筋肉痛でそうやなぁ。マジで。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-28 01:55 | LIVE

Salyu in マドンナ in 大阪 ?

マドンナ in 大阪

昨日大阪であった映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会。
ゲストに主題歌を歌うSalyuが来るもあってFM802のホームページで応募したのですが外れてしまいました。

で、Salyuのブログからのトラバのひとつを見たところ応募総数8000通らしい。
Salyuがミニライブを行うことを先月末の公開生放送で自ら言っていたのでよけいに応募が増えたのでしょうね。確か802での応募人数は400組800名。
という事は当選確率は8000÷400=20倍ってことか。そりゃ当たらんわ。

MEET THE WORLD BEATもそうだけど802リスナーの多さ。こんな時は思い知ります。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-10-04 19:13 | MEDIA

MUSIC FREAKS

今日24日を持ってDJのSalyuが卒業するFM802 MUSIC FREAKS。

この1年は風味堂の渡和久とSalyuの2人が隔週で担当していたのですが、10月からの2人の後釜の1人はどうやら絢香のようです。

まだ、正式なアナウンスは出ていませんが、
関西地区の方にNEWSです!!!
FM802で10月から隔週で絢香のラジオのレギュラーが決まりました\(^o^)/
なんと2時間番組!!!
初回の放送は10/1(日)です。
(絢香オフィシャルサイトStaff Diaryより)
となっているので、日曜日、隔週、2時間とくればまず間違いはないでしょ。

もう一人は誰だろう。気になるなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-09-24 01:07 | MEDIA

行ってきました

「Name」のプロモーションで最近メディアにちょくちょく出てくるSalyu。
今は全国行脚中のようです。

そして今日はこの前当選した
Sony REAL MUSIQ Live on air from sonystyle storeの日。
しっかり行ってきましたよ。

朝から来月受験の施工管理技士の講習会を受けてて、それが17:00頃終了。
会場のハービスENT4階のsonystyle storeには18:30集合だったので、ひとつ用事を済ませ、マックで軽くおなかにモノを入れて約10分前に到着。

招待券は50枚程度あった模様。1枚で2人入場できるから100名弱。
そして、ストアの中には抽選に外れた人や、それ以外で来てた人も結構居たらしい。
席位置の関係で見えなかったけど。
3~40席ほど用意してあったイスにも座れて、いざON AIRを待つ。

で出てきたのがTシャツ着たお兄ちゃん。最初はADかと思いました。
でも、その声を元に記憶を辿るとそのお兄ちゃんが公開生放送担当のDJ大抜卓人。
DJって声で凄いイメージふくらましてるから、見ると以外と普通の兄ちゃん、姉ちゃん、そして一部お年を召された方(笑)だからわかんないんだよねぇ。
一通りルールの説明というかお願い(携帯切ってとか)をして拍手の練習。
コレはZIP-FMのサロンライブでも一緒でした。ラジオでの拍手はピッチを短く、音を大きくが基本。そしたら、より多くの拍手が聞こえるわけで、ラジオを通したリスナーには少ない人数でも大きな拍手が聞こえるわけです。
そんな彼の胸元にかかっていたのが新作のNetwork Walkman Sシリーズ
実物は何度か見ていたんですが、ネックストラップについている状況は初めてでした。
想像以上にいい感じでかなり惹かれました。でも20000円。迷うなぁ。


そんなこんなで19:00をまわり番組は始まり、いよいよSalyuが登場しました。
DJが言うには今日のオーディエンスは女性6割、男性4割、そしてTシャツ着用率高しとの事。
そんな6割の女の子は迷いもなく手を振り、反応をもらって、入退場の際には駆け寄って握手を求めたりと。そんなトコは凄いなと思います。男はみんな恥ずかしがってる。

トークの内容は今月発売のシングル、そして次回作、あと明後日DJとしての卒業を迎えるSalyuのFM802内の番組のMUSIC FREAKSの話がメインでした。
そして、その合間には招待者が入場前に書いたアンケート内の質問に答えてたのですが僕の質問は読まれませんでした。残念。

そして、終了後のサイン入りポスターが当たる抽選会も外れ。
まぁ、今朝のめざまし占いカウントダウン最下位だったもんな。しゃあないか。


彼女の持つ雰囲気で会場は終始和やかな感じ。癒されました。
うたばんで、26歳と暴露してましたがそうは見えないよなぁ。
少し天然の入ったトークは所々で笑いを呼んでました。


Salyuはこの週末の番組の時もそうだけど、来月初めには再来阪。
彼女が主題歌を唄う映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会です。
もう既に応募してあるのですが、締切は26日です。
まだ間に合うので気になる人はFM802のホームページへ。
試写会でのスペシャルライブも宣言していたので、あとは当たる事を祈るのみです。

あとはCOUNTDOWN JAPAN WEST 06/07。Salyuも出ます。
大阪会場については今年が立ち上げの年。行っときたいトコだよなぁ。
でも3日通し券で19000円。さっきのウォークマンもそうだけどフリーターには結構痛い。
マジで迷ってます。
財布と相談ていうのもそうだけどあとは体力。心配です(笑)
だって、実際、去年のサマソニでも痛い目見てるし。冬でも3日間立ちっぱはキツイっしょ。
来週あたりから走り込んで体力作るかぁ?
[PR]
by revolvergdsd | 2006-09-22 23:02 | MEDIA

イエス!

昨日、おとといとうまい事寝付けなかった事で今日は少し寝不足だった。
部屋に帰って横になってテレビ見てたら案の定寝てた。
そして、千佳ちゃんが出てたグータンヌーボ見逃した(TOT)。不覚なり。


ふと、目が覚めると聞き慣れない音がする。
と思ったら、携帯だった。どんだけかかってこねぇんだよって話だけど。
で、ディスプレイを見たら10年近く電話してない(メールは3,4年前くらいにしたけど)高校の時の連れで寝ぼけながらもビビる。

話を終え、ふと玄関を見たら新聞入れに何か入ってる。
開けてみると、FM802の封筒。期待高まる。
それで、入ってたのがコレでした。

a0009853_0402825.jpg


年甲斐もなく、めちゃくちゃ嬉しい。
Salyuと元ちとせは僕にとってはシンガーではなく「唄い手」なので。
ライブで彼女たちに声を聴くと「唄う為に生まれた」という言葉があるのならそれは彼女たちのためにあるんだろうなとつくづく感じます。

特にSalyuは9/19からexcite musicでブログ始めてて、昨日覗いた時に「応募したのあたってないかな」と思ってたので。ホントに当たるとは思ってなかったけど。

先週、元ちとせの生歌を聴く機会があって、今週はSalyu。最高だなぁ。
こんなイベントに躊躇無く応募できるのもある意味プーの特権か。

でも
[PR]
by revolvergdsd | 2006-09-21 01:04 | MUSIC

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd