beautiful surviver

Amazon - DOPING PANDA beautiful survivor
a0009853_23385168.jpg


一昨年のボニピン、去年のケツメイシに続き、今年の資生堂ANESSAのCMソングを唄っているのはDOPING PANDA

先週6月18日に発売されたのだけど、過去2年に比べあまり話題にならない。
やっぱりエビちゃん人気は落ち目なのだろうか。もちろんドーパンの知名度も高いとは言えないけれども。
[一昨年]エビちゃん人気絶大×ボニピン知名度普通→ボニピン、ブレイク
[昨年]エビちゃん人気そこそこ×ケツメイシ知名度絶大→「また君に会える」ヒット
[今年]エビちゃん人気落ち目?×ドーパン知名度?→さて、どうなる

Blind Falconではまった身としては、もう少しブレイクして欲しい気もする。
でも、ライブ行くとなると、これぐらいの人気の方がライブハウスにいてくれるしなぁ。
微妙なところです。


エビちゃん人気はと言うと、正直、女性誌を見ない限りはエビちゃんはそう目にするものでもないので、彼女の今現在の人気はどうなのかはわからん。まぁ、一時期に比べれば見なくなったけどね。
山田優の唄、押切もえの司会のようにモデルともう一つと言ったものがないと言う噂もあるけど・・・。

でも、相変わらずお美しいのは認めざるを得ません。今年29だもんなぁ。

a0009853_06538.jpg

a0009853_09335.jpg

[PR]
by revolvergdsd | 2008-06-24 00:12 | MUSIC

RIP Style VAIO

Yahoo! Music - RIP Style VAIO

SONY VAIO type C CM Gallery

MTV Presents RIP Style VAIO : 6colors.jp

MTVとSONYとRIP SLYMEがコラボした今回のVAIOのCM。MTV以外の音楽専門チャンネルではRIPを起用していない違うパターンのCMが流れているらしいです。

CM自体はめざましテレビで一度ちらっとだけ見たっきり、地上波では見たことなかったんだけどこのまま地上波ではやらないんかな。

CMはリップの新曲「I・N・G」のプロモーションビデオを部分的に切り取ったもの。
プロモーションビデオ、CM共にリンク先で見れます。

見ててなんとなく思い出したのが、T.M.Revolutionの「魔弾」。
あるシチュエショーンの中で登場人物が喋っているんだけど、口の動きは唄っていると言う形を取ってる。
「I・N・G」はクライアントへのCMのプレゼン。「魔弾」は彼女の実家への挨拶、と中身は全然違うけど。

CMは面白いと思う。でも、コレでVAIOの売り上げは伸びるのか。SONYの思惑通りに行くかなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-15 01:02 | MEDIA

黒Fran

エビちゃんと一緒にいるエキゾチックな美人は何者か

「Fran」のCMでエビちゃんと共演している相沢沙世。
黒髪の綺麗なお姉さん系の彼女は結構前からお気に入りです。
お姉さん系と言っても、オレよりも1歳下というのが痛いところだけど。

最初に彼女を知ったのは確か日経のCMだったと思います。
日経を読んでない元彼の細川茂樹と日経を読んでる相沢沙世。
最初は全くダメ男だった細川茂樹が少しずつ変わっていく。
そんなストーリーでしたね。そういわれれば思い出したって人も多いんじゃないですか。

後は、めざましテレビの早耳ムスメですね。
今調べてみたら去年の春に加藤ローサと共に卒業してしまってるみたいですが、彼女の印象は強かったです。

CMでは「LIFE DIVA」が結構長い事流れているし、「TSUBAKI」の追加の5名にも入ってる(CMの中で1カットしか映らないのが結構ショックだったけど)、で今回の「Fran」と。
モデル→モデル兼CMタレント→女優として大きく羽ばたけますかね?
[PR]
by revolvergdsd | 2006-09-20 21:46 | MEDIA

ブリリア

東京建物のマンション"Brillia"

竹中直人がCMに出演しているこのデベロッパーですが、見ていると少し心配になるんです。
現場が。

CM中に竹中直人が言う言葉に「工事を中断してでも建築現場の見学会を開いています」と。


確かに、現場の見学会はいろいろな建物で行われています。公共性の高い建物や大規模建物では特に。
ただ、そういった見学会は基本的に建築専攻の学生に向けてのものや、新技術・高度な技術やシステムを学びたいと言った同業者向けのものが殆どです。

姉歯元一級建築士による耐震偽装問題からの流れでこういった見学会を行う事を決めたのでしょうが気になるのは工期です。
建築現場では工程表という表にのっとり工事を進めていきます。工事の進捗は天候やその他の事情にも左右されますのであくまでも目安でしかありませんが。
そういった表を作る事で物品の搬入、コンクリートの打設、現場内大型重機や足場に絡む作業などの発注を進めていくわけです。

そういった段取りを進めていっても「この日を現場の見学会としたい」と施主に言われれば従うしかないと。
その見学会が購入者主導の日程なのか、施工者主導の日程なのかで現場の負担が天と地ほど全然違います。


自分が買ったのだから見れるのは当然。 それは正論です。
ただ、そのしわ寄せを食うのが誰なのかが心配なのです。
見学会を行えば工事は止まる。工事が止まれば工期は延びる。工期が延びれば経費はかかるし、当然引き渡しも遅れる。工期を縮めようとすれば品質が犠牲になる事も・・・。
もちろん、そういった事にならないよう係員は早出して、残業して段取りを進めるわけです。
施主がそういった事を考えているのか、時間的な、金額的な考慮は成されているのか。

現場は進めろ、見学会はさせろ、Brillia用のレポート作成・WEB配信の進捗写真撮影はやっとけってな状態だったら係員あほらしなってくると思う。
そこらへんを東京建物にきっちり考えて欲しい。


そんなん考えてても、建築って難しいなぁと思うわ。
でも、好きなんだよなぁ。辞めてからつくづく感じる。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-09-16 02:14 | ARCHITECTURE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd