FLYING POSTMAN LIVE Vol.15

昨日はFM802で当選したFLYING POSTMAN LIVE Vol.15に行ってきました。

出演アーティストは、熊木杏里、中村中、二千花、Metis。
熊木杏里、中村中はテレビで聞いた事あるくらいで、二千花はなんとか名前を知ってるくらい、Metisは名前聞いた事ある様な・・・という失礼な状態で観に行きました(笑)

開場10分後くらいに会場にはいると、結構ガラガラ。
まぁ、平日の5:30過ぎなのでしょうがないところもあるのですが。
入場している人も、前に固まったりせず、仕切のバーの所にキレイに散っているのでよけいにがらがらに見えたのかもしれませんね。
せっかくなので、前の方までいって中央の通路付近に陣取り、あとの時間は文庫本を読んでました。


ライブが始まり、まず出てきたのはR4。
このイベントに協力している大阪スクールオブミュージック専門学校の生徒さん達のバンドだそうです。アーティストとして表に出る側から裏方までコースがある専門学校のようで、スタッフとしても働いていたみたいです。
確かに、実際の現場での作業は良い経験になるでしょうね。

オープニングアクトが終わると、出てきたのは久保田コージ氏。FM802のDJです。
FM802主催のイベントは関連するプログラムのDJが出てきますが、久保田氏のFRIDAY COSMIC COASTER内でFRYING POSTMAN PRESS ADVENTURE CLUBというコーナーがあるため、今回の登場となったようです。

これから出てくる4組の紹介をして、久保田氏がステージから退き、いよいよライブ本編が開始。

トップバッターは熊木杏里

映画「バッテリー」の主題歌を歌ったり、NHK土曜ドラマとのタイアップ、資生堂CMとのタイアップなどが続いている為、名前を聞いた事がある人も増えてきていると思います。
多分、この人のサンプラーCD持ってると思うんだよなぁ、オレ。
名古屋にいた頃の話やからかなりのうろ覚えだけど、確か彼女だったはず。

アーティストとしての宣材が頭に焼き付いていたので実物の彼女とのギャップを感じました。
写真というのは、良くも悪くも写るからね。彼女はもちろん良い意味で。

こんな普通の子が、自己表現の場を求めて芸能界で頑張っているんだな。
それが、一番の印象。

穏やかな歌声で癒されました。


2番目は二千花

Vo.の宮本一粋のキャラクターが良かったです。
日帰りで帰るMCのくだりで「ゼニが稼げる様になったら」って言うセリフが出たのですが、アンタの年の言い回しやないやろと突っ込みたくなるセリフじゃないですか。

こちらも2枚目のシングルにして7/7後悔の「Genius Party」のエンディングテーマを唄うとの事で、その曲も披露してくれました。


3番目は、Metis

レゲエシンガーだけあって、最初から盛り上げ方がうまいというか、ライヴ慣れしている印象を受けました。
それに、広島出身という事もあるのか、メッセージ性が強いです。

Wikipediaによると、学問の神様である菅原道真の末裔らしい。
といっても、家系図は原爆に被災して無くなっており、Metisの祖母からの口伝でしかなく、確証は取れないみたいだけど。


トリは予想通り、中村中

去年の後半に「僕らの音楽」などメディアに取り上げられていましたが、今回はなんか一段と女らしくなった気が。
髪をアップにしていたからよけいにそう感じたんかもしれんけど。

彼女(彼?)が性同一性障害を抱えているのは、メディアでも公表されているけど、ただし、本人は「男という自覚も、女としての実感もない」ということらしい。

彼女の歌の低音部には確かに男を感じるけれど、立ち居振る舞いやしゃべり方には、全くそれを感じさせない。でも、21歳かぁ。落ち着きすぎだわ。そんだけ苦労してんのかな。

こういったイベントでは珍しくアンコールも1曲やってくれて、ライブは終了。


これからのアーティストをこういった形で見れるのは貴重だと思います。
1,2年後に大きく羽ばたいているのは誰になるのでしょうか。

応募するのはタダ。結構当たるもんですよ。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-05-18 22:40 | LIVE

雨のち晴のち雨のち晴

a0009853_026379.jpg

下で書いたFLOWER AFTERNOONの公開放送を観に万博公園に行って来ました。

朝の天気予報では朝と夜は天気が良いけど昼間は曇りところにより雨という最悪の予報。
野外と言うこともあり雨天中止って言うアナウンスも出てるし。
実際去年は雨で中止したらしいし。

まぁ、でも出発時は曇りの状態だったのでとりあえず千里中央まで行ってみました。
で、地下鉄から出ると案の定パラパラ来てる。「強なったら中止かなぁ」と思いながら千里中央でベンチに座っているととりあえず止んだんで出発。
ネットワークウォークマンで802を聴いてたけど中止のアナウンスもなかったし。
ホントは定時くらいに会場に着くはずが諸事情で番組開始の13:00の時点で全然着いてなくて、しかもトップバッターがYO-KING。泣く泣くラジオで我慢しました。

番組開始直前に雨が止むという奇跡的な状況で幕を開けた番組だったのですが、天気に関する波乱はこれから。

30分くらい遅れて会場に着くと思いのほか、人が多い。
多分大概学生?あとは家族連れもチラホラ。サービス業とか不動産業とかかな?
真ん中はみんなシートに座っていて、外側は立っていると言う状況でした。


2番目に出てきたのはいきものがかり。「さくら」を含めて2曲。
テレビで観たことしかなかったけど、声がいいなぁと思った。
もう1曲くらい聴きたかったな。

メンバー3人の親が大阪万博に来ていたらしく、ひょっとしたらデートに来てた可能性もありと言うことで「ある意味生誕の地」という言葉を3人して言ってた。
関東地方の人間がデートで万博・・・・・・・・・・来るかもしれんな。


3組目はbird。と言うところでbirdが出てくる前に雨がぱらつきだす。
というかちょっと強め。ステージ上はテント設置。しかも風もあったから四方の柱の所にはスタッフ配置してヒト重し。スタッフも大変だぁ。

と思いながらテントの中を見るといつの間にかbirdが。ナチュラルに出てき過ぎですアンタ。
思っているそばからどんどん雨が強くなってくる。でもbirdは唄う。
「さくら」、久々に聴いた「SOULS」プラス1曲の計3曲。
やっぱbirdは良いです。最近アルバム買ってないから買ってこようかなぁ。

ライブ中もbird自身が「寒いー」と言って観客を笑わせたり、テントの屋根のビニールシートに溜まっている水がドバーンと落ちたり、傘・カッパ持ってきてない人に避難を勧めたりと、他のライブではあり得ない出来事満載でかなり楽しかったな。

でも、あんだけ天気予報で言ってんやから折り畳みくらい持ってくればいいのに。
「備えあれば憂いなし」て言うやんか。
前にそんなことを5歳下の子に言ったら「おじいちゃんみたい」って言われました。
いやいや、これはある意味、リスク管理です。危険予知です。元現場監督ですから。


で、最後はクラムボンだったのですが、ここで奇跡が。
bird終わりで「西宮は晴れてきたのでそっちも晴れてきますよ」というのが読まれたんだけど、番組が進行していくにつれ、確かに西の方から青空スペースが。
クラムボン登場前に雨が止んで、そしてなんと晴れ間が!
クラムボンもかなり驚いたらしく「雨止んだー、スゲー」と言ってました。
3曲で終わりと思いきや、CMに入ったところで粋な計らい。
アンコールでもう1曲やってくれました。


番組終わったあともテント裏には出待ちがいっぱい。
クラムボンて愛されてるんだなとちょっとホロリ。
確かにライブ終了後にマイク通さずに観客に挨拶したり、こんなちょいイベントなのにドラムのスティック投げてくれたり、出待ちのファンにカイロくれたりといい人パワー爆発でした。


ライブが終わり少し経つと再び雨が・・・・。
さて、やっぱりbirdが雨女なんでしょうか。真偽は分かりません。

万博公園を散策して帰ってきましたが、お得ないいライブでした。
ただ、交通費だけがちょい高い。それが難点。

a0009853_0303022.jpg

[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-05 00:30 | LIVE

The Piano It's Me

SUEMITSU & THE SUEMITH

a0009853_03378.jpg


Sherbet Snow and the AirplaneをFMで聴いて以来、新曲が出る度にチェックしていたSUEMITSU & THE SUEMITH。メジャーでの1stアルバムが3月21日に出ました。

コレは買わないと。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-24 00:06 | MUSIC

コエ

下に書いた通り、タワーレコードNU茶屋町店へSunMin見に行ってきました。
1列目はソファに座っていたのですが、その後ろに陣取れて場所はばっちり。
Keep Holding U、The Rose、Love You.、恋の奇跡と4曲唄ってくれました。

めざましテレビの広人苑にSunMinが出た時に、中野アナが「出来る事なら声帯を変えて唄ってみたいと思うほど羨ましい。」と言っていましたが。まさにその通り。
良い声してます。

あと、細かった。ビックリしました。
出てきた時に「あれ?こんな細かったっけ?」と一瞬考えてしまう程。


インストアはやっぱり近い。あの距離はライヴハウスでもあり得るけど、いい整理番号でずっと待っとらなあかんもんなぁ。そんな気がまえんでも、凄く近くで観て、聴けるインストアの良さを久々に感じました。
帰りにフライヤーのコーナー見てたら今度の土曜は熊木杏里がやるらしい。土曜日は昼過ぎまで学校で難波にいるからその後見に行こうかな。


ミニライヴの後にサイン&握手会があったのですが、少しこっぱずかしかったですね。
30前のおっさんが・・・。とも思いましたが、周りも良い勝負な感じ。
オヤジくらいの年だろうと思われる人もいたしね。
SunMinの手は温かかったです(笑)
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-11 21:49 | LIVE

WONDERLAND

DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007

a0009853_015717.jpg


今年は4年に一度のドリのお祭りの年です。
ワンダーランドと言って思い出すのが自分が大学4年の時の1年間やってたヤツかな。
4年前のはあんま覚えてないや。なんでだろう?

夏が楽しみです。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-11 00:11 | LIVE

絢香×コブクロ

去年のワーナーのイベントで発表された「WINDING ROAD」が、遂に来月音源化されるようです。

今観てた、めざましテレビでやってました。
今日のスポーツ新聞に載ってるみたいですね。

ワーナーのイベント、大阪での「風に吹かれて」、後はどこかでパフォーマンスしているのかな。
お客さんが居る状況や、テレビ・ラジオ等では多分両手、下手すりゃ片手で数えるくらいしか唄われてないんじゃないでしょうか。

コブクロファンとしても、絢香ファンとしても待望の楽曲なので楽しみに来月を待ちます。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-01-11 07:46 | MUSIC

LOVE LIKE

火曜日に行ったライヴ。

それはLOVE LIKE POP Vol.10@フェスティバルホールです。

aikoのライヴは去年の夏のLLP9追加公演以来ですね。
名古屋時代に1回(LLP7)。こっちに来てからLLR2でZeppに1回、で去年の城ホールだから今回のフェスティバルホールで4回目になります。

会場に入る前の物販はいつものごとく凄い列。物販の横には綺麗なサイン。
会場ごとに作ってるんでしょうか。
a0009853_11252154.jpg

会場に入ったら、こちらも毎回の事ながら女性の割合の高さ。
そして、ツアーTの着用率の高さ。さすがaikoです。
aikoのツアーグッズは普段使えそうなデザインも多いですしね。


7時開演が少し押して始まると、いきなりボルテージは最高潮。
あの小さな体のどこにこれだけのパワーが詰まっているのかと言うくらいの声、動き。
今年で31のaikoだけど、中高生から同年代、そしてそれ以上の人まで愛される事は凄い事だと思います。そしてライヴを見ると実際惹きつけられます。

ライブ中には、いつも通りお客に突っ込まれまくったり、逆にいじりまくったり、aikoのしゃべりを客が止めたり、コール&レスポンスで思わぬ人をいじったりと。
聴く事を楽しめて、居る事も楽しめるライヴはそうそうないかなと思っています。

凄く気になったのは下手にいたスタッフ。
アップテンポな曲になると凄いヘッドスパンキングしてんの。
でも、コード直しとかの仕事もちゃんとするわけ。気にしては笑ってました。

アンコールが終わり、腕時計を見るともう10時。
1人で(バンドに支えられているけどね)唄って、喋って、3時間。凄すぎです。
そして、彼女のお辞儀。彼女の髪が床に届きそうなくらい(実際届いているのかもしれない)頭を下げるんです。この動作ひとつにしても彼女の人間性が表れているなとつくづく思います。
こうして、また、彼女の熱狂的なファンが増えていくんでしょう。


明日は絢香@なんばHatchです。楽しんできます。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-12-10 11:41 | LIVE

最強

今年の初夏にundercoverism-mtyさんのGLANDSCAPEにて情報をもらったBent FabricのJukebox

2月に発売された「Jukebox」が好評だったため、先週15日に発売されたのが日本独自の企画盤の「ジュークボックス~最強盤」
a0009853_10241.jpg

新曲の「愛しのセニョリータ」のほか、ベント自身のピアノ弾きおろし4曲を特別収録、そして「Jukebox」からセレクトされた曲で構成されています。

御年81歳。来月には82歳になる彼(と言っていいものか)。
9人の子供、18人の孫、2人の曾孫に恵まれ、もうすぐもう1人増えるそうです。
だってこんなおじいちゃんだもん。
a0009853_057659.jpg


ただ、音楽はそんな年齢を感じさせない。
若いヴォーカリストと競演してるけど、十分渡り合ってます。
今年のナツタビでは音楽を聴いてる時間がかなり長かったので大分お世話になりました。
聴いていて楽しくなってくるし、ついつい鼻歌唄いたくなる感じ。

今回の最強盤にはインストも2曲入ってるようなのでそれも楽しみです。

BENT FABRICに着いて詳しく知りたい方はこちら
[PR]
by revolvergdsd | 2006-11-20 00:48 | MUSIC

STOP THE CLOCKS

昨日発売されましたね。オアシスの初ベスト。

a0009853_12232.jpg

僕らはこの曲と生きてきた!デビュー12年目にして初のベスト・アルバム!
ビートルズ解散以来、英国民が最も愛する地上最強のブリティッシュ・バンド!マンチェスターが生んだ脅威のメロディー・メイカー!!絆が強すぎてよくぶつかる、驚愕の兄弟愛!!!そして、みんなで歌えば怖くない!世紀の大合唱ライブ!!!!デビューから12年目にして初のベスト・アルバム遂に発表!!!!!歴史に残る名曲たちで埋め尽くされた、息も詰まる"夢のアルバム"。そう、僕らはこの曲と生きてきた。
★アルバム・トータル・セールス4000万枚超(オリジナルアルバム6枚・ライブ/B面集2枚)
★全25枚のシングルが、いずれもヒット
★6枚の全英No.1アルバム
★『モーニング・グローリー』は、ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を抜き、英国音楽セールス史上No.1アルバムに!
★06年、イギリスで4万人が投票した「歴史上最高アルバム投票」では、ビートルズ、ニルヴァーナを抜き堂々の第1位獲得!
★アランマッギーにA面に薦められるも、優れた楽曲をB面のみに惜しみなく収録する男気
★25万人が大合唱!伝説の96年ネブワース野外大集会!
★世界を揺るがす兄弟喧嘩で何度も解散の危機に!
...と未だ現役で、コレだけの偉業を成し遂げたまさしく“生きる伝説”を地でいくオアシスの唯一無二の∞ベスト・アルバム。
(Sony Music Online Japanより)

ノエルとリアムの兄弟喧嘩の事をニュースで聞くたびにいつも、今度こそ解散してしまうんじゃないかと心配してたのですが、最近は落ち着いているみたいですね。

去年のサマソニでの大合唱を思い出します。
また行きたいな。次来日するのはいつやろ?
[PR]
by revolvergdsd | 2006-11-16 01:07 | MUSIC

鶴岡八幡宮

奇跡のライヴ!!!!

昨日あった鶴岡八幡宮 舞鶴竣功記念コンサート「舞鶴LIVE2006」。
アーティストは森山良子、一青窈、絢香、SEASONSほかとなっています。
さっき昼ごはんを食べながらスポーツ新聞を見ていたら「絢香が鶴岡八幡宮で三日月をバックに"三日月"を唄う」的なことが書いてありました。
寺社仏閣で聞く一青窈、絢香。いいなぁ、行きたかったな。でも神奈川じゃね。

京都の平安神宮では昨日今日とケミストリーがやってる。働いてたら行ってたかもなぁ。


と言いつつ、今日はバイトを午前で上がらせてもらって大阪学院大学に行ってきます。
絢香の学祭ライヴ見に。
学祭ライヴなんて学生のときに自分の大学の行ったのと、バイトの子が行ってた女子大にDo As Infinityが来たときに行ったのの2回だけのはず。5、6年ぶりです。
今朝の9時から整理券配ってるし、大学の体育館て結構広いとこ多いし、あまりいい席は望めそうにありませんが、聴ければいいと思っているので行ってきます。

交通費浮かすのに自転車で行こうと思っているので、たどり着くかどうかがそもそもの心配なのですが(笑)

14:20追記
家に着いたはいいけど、めちゃめちゃ曇ってるんすけど。
天気予報では問題なしだから自転車で行きたいところだが、行きでも帰りでも振られたら距離が長いだけ精神的にもしんどいので電車で行ってきます。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-10-28 12:59 | LIVE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd