<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

なにか違う

新刊のハードカバーの上に自分の鞄と買い物したであろう紙袋を置き立ち読みをする子。

ライブ会場で彼女の隣に陣取るために、強引に女の子を押しのける男。

電車の扉の前にいるくせに、人が降りることを頭の隅にもおいていないサラリーマン。


東京のドライ感は嫌いじゃないけど、自分に関係ない人や、関係を持ちたくない人たちに対する冷たさは辟易するな。

ここに住む人間の防御本能なのかもしれないけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-26 18:26 | LIFE

昨日は一週間ぶりにC.C.Lemonホールへ。
年末以来のDo As Infinityのライブへ。

C.C.Lemonホールへ来るのは2回目。
ライブで来るのは初めて。

ライブ自体はいつものDoAs。
熱いライブと、伴ちゃんの拙いMCと、亮くんの少しおちゃらけたMC。
それらのバランスの上にDoAsは成り立っているのかな。

ライブの半ばでは、シングル「∞1(インフィニティ イチ)」の発売のアナウンスがありましたが、ライブの終盤にはなんと「11/29(日)に武道館決定!!」との発表が。

4年前のラストライブの地へ・・・。
なにか、感慨深いです。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-17 08:04 | LIVE

4月の試写会

綾瀬はるか「おっぱいできずなが生まれた」

先週の木曜日。映画「おっぱいバレー」の試写会に行ってきました。
数打ちゃ当たる的に応募しているので、届いてみないと会場がどこで、どんな内容(舞台挨拶付とか、トークショー付とか)のものかは全然分からないのです。

届いた手紙を見てみると、日時と会場の変更のお知らせが。
こんな事は珍しいのではないかと思います。
しかし、招待状本状には「舞台挨拶付」の文字が。
ドラマのセカチュー以来の綾瀬はるかファンの僕には嬉しい限り。

外出先での仕事を終え、直帰という事でその足で渋谷へ。
18:00開場で、17:50頃に着いたのですが、開場には既に2~300人ほどの列が。
その中には同類と見られるスーツ姿もチラホラ。人の事は言えないですが、「仕事せぇよ!」と思う自分。17:00定時で即出てきたのかもしれませんけどね。


開場から開演まで約1時間。
いつものように本を読んで過ごしているとようやく何かが始まる気配。
開場が暗転したが、幕は開かない。しかし、学生がはしゃぐ声が聞こえはじめる・・・。
なんだろうと思った瞬間。リズムを取る音が!!!

そう、出てきたのは主題歌を歌うCaocaoでした。
オリジナルラブにもELTにもはまった時期のある僕にとっては二人とも好きなアーティストであり、それを生で観れたのはかなり嬉しかった。
ライブ自体もサプライズだったしね。
二人の歌を聴きながらCaocaoっていうのはモチダカオリとタジマタカオなんだなぁと思ったりもしながらライブの時間を楽しんでました。

ライブの終わったあとは、舞台挨拶。
出演者、監督、そしてCaocaoの5人でのトークショーは適度に真面目で、適度にオチありで現場の雰囲気がにじみ出るようでした。
綾瀬はるかのトークの拙さもファン心理をくすぐります。


本題の映画はというと今週末公開という事で、もちろんネタバレは出来ませんが、「少し不純な青春映画」といえばいいのかな。まぁ、男子なら誰しもこんな事考えてるわなぁと共感してしまった事は否定出来ません。綾瀬はるか好きは是非!!!

会場でもらった風船を1枚。空気は抜いてありますが。
a0009853_9405724.jpg

[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-13 09:42 | MOVIE

北国の知恵?

行きは、常磐線でひたすら北へ。帰りは東北本線でひたすら南へ。

どこからか電車のドアには開閉ボタンが。駅についても自動で開かず、そして停車の間でも閉めることが出来るのだ。

日頃そんな状況に置かれる事のない僕は、いざ自分が押さないといけない状況になると緊張する。

まぁ、やってみると緊張するほどのことではないのだが。

寒気や雪を少しでも防ごうという北国の知恵なのかなと勝手に解釈したんだけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-03 16:33 | LIFE

人慣れ

a0009853_10225114.jpg

松島の福浦島に渡る福浦橋の上、ウミネコが休んでいました。

これだけ近寄っても逃げない図太さ、これもある意味人害なのかもしれません。

観光客が餌付けすることで自らの手で餌を捕ることを怠り始めているのかもね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-03 10:22 | LIFE

昭忠塔

a0009853_17501945.jpg

仙台城跡にそびえ立っ慰霊塔。その頂部に鎮座するいまにも飛び立ちそうなその姿にホレボレ。

鳶?鷹?今も携帯で調べましたがどちらの情報もアリ。あとから調べ直します。

よくよく調べてみるとこの青銅像は当時の宿敵ロシアを向いていたり、脇にある伊達政宗の騎馬像は本来隻眼の政宗の両の眼が入っていたりするようです。うぅん、奥が深い。

今日は駆け足での観光だったのでまたゆっくりと観に来たいと思います。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 17:50 | LIFE

壮観

只今、勿来駅あたり。もうそろそろ福島県との県境あたりだろうか。
一旦見晴らしのいい場所に出ると眼前に広がる壮大な景色。新宿の高層ビル群もある意味壮大なのかもしれないけど、自然が創り出す景色には遠く及ばない。

まぁ、でもどこに行っても家はある。街中で暮らすことに慣れた身には信じられないような場所にもね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 11:58 | LIFE

荒れ模様

週の中頃というのに、僕は有休を取って仙台に向かっています。

しか~し、昨日の時点で雪の予報が、朝の時点で暴風警報が仙台地方に出ているのです。

それは関東地方北部にまで及ぶらしく常磐線も一部運転見合わせ。
まぁ、元々のんびりの旅。天気は神様に委ねるしかないな。

ちゃんと着けるかなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 08:39 | LIFE

GOEMON

a0009853_7232761.jpg



「CASSHERN」以来久々の紀里谷作品となる「GOEMON」。
5月1日の公開を前に一足お先に試写会で観てきました。


内容は、当然ネタバレ出来ないので言えませんが、歴史好きの僕にとっては面白かったです。
人によっては「CASSHERN」に比べたら・・・という言葉が出てきてしまうかも。

戦国時代を題材にしている以上、どうしても戦闘シーンが出てきます。そういった戦闘シーンや、街並みの色合いを観ていると「CASSHERN」のままかなという感じもしました。

しかし、江口洋介(五右衛門)、大沢たかお(才蔵)が縦横無尽に走り回り、寺島進(半蔵)、平幹二朗(利休)、伊武雅刀(家康)、奥田瑛二(秀吉)などのおじさま方の渋みを聞かせた演技。
要潤、玉山鉄二のサイコな演技。
広末涼子、佐藤江梨子、戸田恵梨香、佐田真由美の艶やかさ。
一見する価値はあると思います。

それにしても中村橋之助。
貫禄ついたよなぁ。テレビであまり観ないだけに、久々に観ると驚きます。

エンターテイメントというよりアートとして楽しんでしまっている自分がいました。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-01 07:24 | MOVIE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd