<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

MTWB07

今年も出演者が発表されたMEET THE WORLD BEAT 2007

今年のラインナップは、AI、絢香、GANGA ZUMBA、KREVA、SEAMO、スガシカオ、Superfly、秦基博、一青窈、Peridots、RIP SLYME、レミオロメンの12組となってます。
これに毎年恒例のサプライズゲストが加わる形ですね。

自分の勝手な感想ですが、正直いつもに比べてちょっとインパクト弱いかなぁ。
AIは2年連続。
絢香、SuperflyはREQUESTAGE5からイベント連投と言った感じ。
絢香、PeridotsはMUSIC FREAKS絡みだよね。

もちろん魅力的なライブである事に変わりはありません。
無料招待制でこれだけのメンツを見られる事に文句もありません。
ただ、個人的な感想という事で。


MEET THE WORLD BEATは毎年7月の第4日曜日に開催していると思うのですが、7月の第4日曜と言えば一級建築士学科試験。つまり、行けないんですよねぇ。どうあがいても。
関西の建築関係者で一級建築士目指してて、かつMTWBに行きたいヤツは受かってから行け、もしくは角番の年に行けってことですな。。
まぁ、その前にチケット当選したければ行けないんですけど。

去年は約150倍。今年は何倍になるんだろ。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-30 22:36 | MEDIA

創造する多面体

REQUESTAGE5に行った金曜日。

その前に僕はサントリーミュージアム天保山へ出掛けました。
創造する多面体 ダリ展を見に。

a0009853_2140038.jpg


連休が始まれば混み混みになるのは目に見えていたし、5/6までの会期ということも考えると行くしかないでしょと。

手段は前回と同じく自転車。
前回は、千日前通りをひたすら西進して、大阪ドームのトコで道を間違えたため、おっそろしくでかい橋を渡る羽目になったので、今回はその反省を生かし出発前に再度ルート確認。
そして、いざ出発してドームのトコで前回より一本北寄りの道に進む。
突き当たりをこっちかなぁと思う方向へ進み少し進む。
あれっ・・・。なんか見たことある。ここで地図を確認。

案の定、前回の道に来てました。
そこで、方向修正。なんとか、正規ルートに復帰しました。


そんなこんなで無事に(?)到着。


金曜の昼間だから割と空いてるだろうなぁと期待して行ったのですが、美術館のメインロビーはなにやら集団が。
専門学校かなんかの見学会だったみたいですが、思わぬ誤算でした。

ボクの中のダリのイメージは「記憶の固執」などに見られる溶けた時計のモチーフ。
その先入観で凝り固まったまま観たため、自分が思っていたダリとのあまりの違いに驚きました。

非日常的な世界もあれば、日常を切り取ったかと見える中に驚きを仕込ませていたりと。

ニューヨーク万国博覧会でダリが手がけたパヴィリオン〈ヴィーナスの夢〉のコーナーはやはり惹かれるものがありました。建築と絵画の融合を見せてくれているという面もあったからだと思います。

展示されているのは絵画だけに留まらず、文章も書き、舞台衣装や家具、香水の瓶。
彼の興味は、そして才能はどこまで広がっていたのか・・・。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-30 21:58 | ART

@REQUESTAGE5

行ってきました。久々の城ホール。

SUNSTAR Ora2 Presents ROCK KIDS 802 SPECIAL LIVE REQUESTAGE5

番組先行で獲った席はアリーナDブロック。
開演ギリギリだったので、ブロックの後ろの方だろうと思ってたのですが、Dブロックの中で更に細分されていたおかげでDブロックの中で前の方に行くことができかなり良い場所でした。

ラインナップの発表の時にSuperflyが追加されてることにちょっと驚き(さっきオフシャル見たらちゃんと追加されてたけど)、そしたら1発目はSuperflyだろ、としばし待機。

で、始まりました。長丁場3時間半。

トップバッターはやっぱりSuperfly
「ハローハロー」で客の心を掴んでましたね。
今年のブレイクニューカマーとなるか。


お次は絢香
最後の方のMCで、MEET THE WORLD BEAT 2007への出演を発表してました。
ちなみにSuperflyも。詳しいことはまた後で書こうと思います。

三日月、I believe、Real voice、Peace loving、Jewelry dayとこれでもかと言った感じで、地元大阪を湧かせていたのですが、MCカミカミでしたね。そんなに緊張してたのでしょうか。
僕個人の見解としては前見た時より少しふっくらしたかな?と思ったのですが。気のせいですか?


3番目はまさかのゆず。このメンツだとaikoかゆずがてっきりトリかと思ってたのに。

ゆずのライヴはなんか「あったかさ」を感じました。
先週日帰りで大阪に来てオールロケで作ったというREQUESTAGE5用メドレー用の映像。
そんなところにも、ファンへの思いやりを感じました。
メドレーと言うことで知っている曲満載で楽しめたし。

自分はライブを見て好きになると言うパターンが結構あるのですが、ゆず、いいっすね。
元々、曲は聴いてたけど、ワンマンライブに行きたくなりました。


4番目はaiko。いつものように、お客さんに絡まれ、絡み返すMC。さすがです。
事前に「ROCK KIDS」の番組内で集計してあったREQUESTAGE5で唄って欲しい曲のランキングが出ていたこともあって、おいしいトコだけと言った感じ。
ボーイフレンド、桜の時、カブトムシの畳み掛けには参った。
締めには初披露の新曲「シアワセ」。曲調としては「花火」に近い感じかなぁ。
aikoライヴのしっとりコーナーのスタンダードナンバーになりそうです。
a0009853_1435738.jpg
a0009853_145112.jpg









コレがジャケット左が初回、右が通常です。
通常の方、可愛いなぁ。31とは思えん。

MCでゆずのメドレー用VTRの事に触れてて、ゆずに対して本気で嫉妬してそうなところが可愛かった。
「来年はあたしも作ってくる!」と言ってたけど、2年連続でaikoが出演する可能性は・・・。まずないだろうなぁ。


そして、トリはASIAN KUNG-FU GENERATION
アジカンのライブを観るのはかなりの久々。
REQUESTAGE2で初めて生アジカンを観て、その後1年くらいで3、4回観た気がするけど最近はご無沙汰。
ゆずも終わって、aikoも終わって、会場の雰囲気が少しまったりし始めようとしていたので心配だったのですが、その心配も杞憂に。

見事に盛り上げてくれました。久々に聴いた「君という花」。やっぱ名曲です。
また、アジカン聴き直そうかなって思わせてくれたライヴでした。


アジカン終わったらもう10時10分。毎年の事ながら長いな。このライヴは。
今年はスタンディングと言うことで足が疲れました。ホント。
もういい年だから筋肉痛でそうやなぁ。マジで。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-28 01:55 | LIVE

Gボーイズ冬戦争

a0009853_14143576.jpg


ストリートギャングの王、タカシが危機に!
タカシのピンチを救うため、グループの内部抗争の原因究明にマコトが奔走するが……

今回は、主人公のマコトと人気を二分する、ストリートギャングの王・タカシが大ピンチ! タカシの座を狙うナンバー2のヒロトが内紛を起こし、Gボーイズを潰し池袋に新しい勢力地図を持ち込もうとする刑務所帰りの成瀬も襲撃事件を繰り返す。家業の果物屋の店番をやりつつも、池袋のあらゆる事件の情報をつかむマコトが、池袋の内戦の拡大を防ぐために立ち上がる。マコトはタカシを救えるのか!? 表題作他、3篇を収録。
(文藝春秋ホームページより)


文藝春秋のホームページをチェックしたら情報出てました。
明日発売なのですが、先立つものがありません…(TOT)。
さぁ、どうしようかな。とは書くけれど、きっと買ってしまうのだろうな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-25 21:52 | BOOK

光と影

先月末、ブログで書いていた東野圭吾の「幻夜」。
あの後、やっぱり買ってしまってたのですが、のんびりゆっくり読もうと思っていたのに、読み始めたらもう勢いに任せて読み切ってしまいました。

読み進むにつれ、かすかに見え始める亮司への、雪穂への、笹垣への伏線。
「白夜行」を読んだ人間にとっては見えそうで見えないそのつながり方のもどかしさがより一層物語へとのめり込ませるのではないでしょうか。

「白夜行」を経て、阪神淡路大震災をきっかけにして始まる物語。
その終わり方はなんとも次を予感させます。
あとがきでの東野圭吾と黒川博行の意味深なやりとり。

三部作完結編に期待します。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-25 21:30 | BOOK

今度は何が?

a0009853_1163896.jpg

千日前と御堂筋が交わる場所で工事しているこの建物なんですが今週発売のKansai walkerによればフリーフォールが入るらしい。それらしきレールは設置されていて足場も組んであるので情報は間違いないようですが。

道頓堀のドンキに対抗してるんでしょうか?

最終的に何ができるか知っている方情報下さい。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-15 11:06 | LIFE

本屋大賞決定!

2007年本屋大賞は佐藤 多佳子さんの「一瞬の風になれ」だそうです。
うぅーん、知らないや。

2位の「夜は短し歩けよ乙女」は表紙だけ見たことあります。アジカンのジャケを担当している中村佑介氏が装丁を手がけていたので気になってしまったおぼえが・・・。

3位には三浦しをんがきて、4位が伊坂幸太郎でした。
うぅん、今年もダメだったか。

劇団ひとりも8位で三崎亜紀、宮部みゆきを押さえています。


ついつい10冊の中での優劣を付けてしまうけど、あくまでもこの10冊は選ばれた10冊。
日本各地の書店員さんのオススメ。

本屋大賞がもっと普及して、日本の読書人口がもっと増えます様に。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-05 21:05 | BOOK

雨のち晴のち雨のち晴

a0009853_026379.jpg

下で書いたFLOWER AFTERNOONの公開放送を観に万博公園に行って来ました。

朝の天気予報では朝と夜は天気が良いけど昼間は曇りところにより雨という最悪の予報。
野外と言うこともあり雨天中止って言うアナウンスも出てるし。
実際去年は雨で中止したらしいし。

まぁ、でも出発時は曇りの状態だったのでとりあえず千里中央まで行ってみました。
で、地下鉄から出ると案の定パラパラ来てる。「強なったら中止かなぁ」と思いながら千里中央でベンチに座っているととりあえず止んだんで出発。
ネットワークウォークマンで802を聴いてたけど中止のアナウンスもなかったし。
ホントは定時くらいに会場に着くはずが諸事情で番組開始の13:00の時点で全然着いてなくて、しかもトップバッターがYO-KING。泣く泣くラジオで我慢しました。

番組開始直前に雨が止むという奇跡的な状況で幕を開けた番組だったのですが、天気に関する波乱はこれから。

30分くらい遅れて会場に着くと思いのほか、人が多い。
多分大概学生?あとは家族連れもチラホラ。サービス業とか不動産業とかかな?
真ん中はみんなシートに座っていて、外側は立っていると言う状況でした。


2番目に出てきたのはいきものがかり。「さくら」を含めて2曲。
テレビで観たことしかなかったけど、声がいいなぁと思った。
もう1曲くらい聴きたかったな。

メンバー3人の親が大阪万博に来ていたらしく、ひょっとしたらデートに来てた可能性もありと言うことで「ある意味生誕の地」という言葉を3人して言ってた。
関東地方の人間がデートで万博・・・・・・・・・・来るかもしれんな。


3組目はbird。と言うところでbirdが出てくる前に雨がぱらつきだす。
というかちょっと強め。ステージ上はテント設置。しかも風もあったから四方の柱の所にはスタッフ配置してヒト重し。スタッフも大変だぁ。

と思いながらテントの中を見るといつの間にかbirdが。ナチュラルに出てき過ぎですアンタ。
思っているそばからどんどん雨が強くなってくる。でもbirdは唄う。
「さくら」、久々に聴いた「SOULS」プラス1曲の計3曲。
やっぱbirdは良いです。最近アルバム買ってないから買ってこようかなぁ。

ライブ中もbird自身が「寒いー」と言って観客を笑わせたり、テントの屋根のビニールシートに溜まっている水がドバーンと落ちたり、傘・カッパ持ってきてない人に避難を勧めたりと、他のライブではあり得ない出来事満載でかなり楽しかったな。

でも、あんだけ天気予報で言ってんやから折り畳みくらい持ってくればいいのに。
「備えあれば憂いなし」て言うやんか。
前にそんなことを5歳下の子に言ったら「おじいちゃんみたい」って言われました。
いやいや、これはある意味、リスク管理です。危険予知です。元現場監督ですから。


で、最後はクラムボンだったのですが、ここで奇跡が。
bird終わりで「西宮は晴れてきたのでそっちも晴れてきますよ」というのが読まれたんだけど、番組が進行していくにつれ、確かに西の方から青空スペースが。
クラムボン登場前に雨が止んで、そしてなんと晴れ間が!
クラムボンもかなり驚いたらしく「雨止んだー、スゲー」と言ってました。
3曲で終わりと思いきや、CMに入ったところで粋な計らい。
アンコールでもう1曲やってくれました。


番組終わったあともテント裏には出待ちがいっぱい。
クラムボンて愛されてるんだなとちょっとホロリ。
確かにライブ終了後にマイク通さずに観客に挨拶したり、こんなちょいイベントなのにドラムのスティック投げてくれたり、出待ちのファンにカイロくれたりといい人パワー爆発でした。


ライブが終わり少し経つと再び雨が・・・・。
さて、やっぱりbirdが雨女なんでしょうか。真偽は分かりません。

万博公園を散策して帰ってきましたが、お得ないいライブでした。
ただ、交通費だけがちょい高い。それが難点。

a0009853_0303022.jpg

[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-05 00:30 | LIVE

FLOWER AFTERNOON

今日は、FLOWER AFTERNOON LIVE ON AIR from 万博公園に行こうと思ってます。

花見の時期に万博公園行ったことないし、良い機会というのもあるし、
平日の公開放送なんて学生かプーくらいしか行けないし、プーの特権と言うことで。

ゲストも、いきものがかり、クラムボン、bird、弾き語りYO-KING。
文句なしでしょ。
目当てはbirdとYO-KINGだけど、いきものがかり、クラムボンも一回観ときたいし。

今から寝るから、寝過ごさない様にしないとな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-04 02:46 | MEDIA

明日発表!

「2007年本屋大賞」発表! | エキサイト シーズンカレンダー

2007年本屋大賞が明日4月5日に発表されます。
去年は「東京タワー」が獲って、その売り上げを更に加速させましたね。

僕が気になるのは伊坂幸太郎。今年も「終末のフール」でノミネートされています。
過去3回は2004年3位と5位、2005年5位、2006年3位と11位といいトコいってるんだけどなぁ。
直木賞も状況は同じで、獲れるかな?と期待してるんだけどなかなか獲れない。
本屋大賞は今年は本命と言った感じの作品はないから行けそうな気もするけど、かと言って「終末のフール」が本命に成り得るかと言えばそうとも言えない。

ファンとしたら獲って欲しいな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-04-04 02:35 | BOOK

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd