<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一つの区切り

と言ってもブログをやめるわけではないです。
久々に設定のレポートを見たところ今日の携帯からの投稿連発で投稿がちょうど500件になってました。

大勢の方から覗いてもらってるブログではないので、自分でひとつひとつ目標立ててそれをクリアしていくことが長続きさせる一つの手じゃないかと今は考えてます。

とりあえず、次は1000件投稿やな。先は長ぇや。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-22 22:25 | LIFE

透過

a0009853_1692334.jpg

a0009853_1692412.jpg

金沢21世紀美術館にて2

同じ作品の上からと下から
美術館を建築するに当たって作品ありきで進めたからこそ可能になってる展示だと思います。

この美術館のモットーは「普段着で行ける美術館」だそうで、子どもたちも縮こまることなく楽しそうに展示を見てるのが印象的です。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-22 16:09 | TRAVEL
a0009853_1695136.jpg

金沢21世紀美術館にて3

空の移ろいを作品に取り込むことで日没前には劇的な変化を見せるらしいのですが、あいにくそこまでとどまっていられない。
また今度の楽しみにします。
でも晴れてくれたおかげで作品は楽しめました。これで、曇った灰色の空じゃねぇ。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-22 16:09 | TRAVEL

シャフト

a0009853_14163145.jpg

金沢21世紀美術館にて1

ボクの凝り固まった頭の中ではエレベーターと言えばシャフトが必要。というイメージがあったので、これを見て単純に感動しました。
ここのようにワンフロアもしくは少数階のみのエレベーターだからできる構造なのかもしれませんが自分では少し詳しくなったつもりの建築が全くスタートから進んでなかった気がしてきてしまうくらい。

本で読む・見ることももちろん必要だけどやっぱり訪れて体感しないといかんなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-22 14:16 | TRAVEL

尾山神社

a0009853_13264217.jpg

金沢駅から兼六園へ向かう道すがらあったのが尾山神社。

日頃見慣れている神門とのギャップが気に入り、参拝してきました。

昨日いた新潟とは打って変わり、見事に晴れた今日の金沢。ひなたでは暑いくらいです。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-22 13:26 | TRAVEL

コラボ

a0009853_1737712.jpg

ローソンも味な事をするんすね。地元アルビレックスとのコラボでこの色使い。
他にもこんな地方限定ローソンあるんでしょうか?
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-21 17:37 | TRAVEL

葉桜近し

a0009853_17193337.jpg

だいぶ散ってきてますがまだ頑張ってます。
ここはどこかっていうと、後ろでお情け程度で写ってる建物で分かったら相当のマニアか、ただの地元の人か(笑)

ここは新潟です。研修の為約3年ぶりに足を踏み入れたこの土地は拍子抜けするほど変わっていませんでした。
でもその時間の流れの緩さには安心感があります。

1年しかいなかったのに妙に懐かしい。

明日は朝1金沢に向かい、そして大阪に帰る予定です。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-21 17:19 | TRAVEL

Yo&U

フェチ一青窈、建物見てきました

先週の水曜日、 一青窈 Yo&U Tour'06 at フェスティバルホール を観てきました。

以前このブログで取り上げた時はメイド風衣装がニュースで取り上げられた時。
そんなニュースもすっかり忘れ、彼女が出てきた時に「あっ、そうだった」と思い出すくらい。
彼女は一つ年上だから今年で29ですね。女性を判断する基準に年齢を置くことは失礼なことだと思いますが、メイド風な衣装に身を包んだ彼女の印象は「カワイイ」でした(笑)

ライヴ自体はアルバム「&」からの曲をメインに、ヒット曲を織り交ぜながらの展開。
「もらい泣き」、「ハナミズキ」という世代を超えたヒットがあるせいか、客層にもばらつきが見られ、盛り上がり方も人それぞれ。後ろから見てるだけで年代の違いを感じさせるノリ方をするご年配の方々を見て苦笑したり微笑ましかったり。

上のニュースでもあるけれど、彼女は建築好き。オフィシャルのプロフィールにも好きな建築家が書いてあるほど。
大阪では舞洲のゴミ焼却場の話をしました。
そのデザインはフンデルトヴァッサーが手がけ、その奇抜な外観から建築に興味がない人であってもこの建築物の存在は知っている人も多いと思います。

ただ、外観を知っていてもそのデザインを手がけた人物の名前、そして建物の名前は知らないらしく、会場の反応は薄く、彼女の暴走MCと言った感じが否めない状況になってました。

音楽、美術など感じることの出来る面の完成度が高く、彼女のツアーへの気合いの入れ方が分かりました。


ネットなどでは、インタビューを受ける態度がめちゃくちゃ悪いとか言う情報も流れていたりしますが、実際に接することの出来ない僕らにとってはそれが真実なのかも知るすべもないです。

ただ、いい歌を歌う女性。それは間違いないです。
「ハナミズキ」の時には、椎名林檎(東京事変)の「ここにキスして」以来、久々に背筋になにか走りました。
さすが職業歌手。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-17 07:21 | LIVE

責任

この土日、友達の結婚式への参加もかねて実家に帰ってました。

その友達は自分の院生の時の友達。
今でも連絡を取り合ったり、帰省した時に時折呑みに行ったりする野郎5人衆で28歳にしてやっと一人目が結婚したわけです。

社会人5年目として社会の立場での"責任"も増え、そして彼は家庭というあらたな"責任"を背負う選択をしたわけです。

多くの男達が早かれ遅かれしなくちゃいけない選択、28という年齢は世間的に見たら遅い部類に入っているかもしれない。
自分もいつかその選択をするのかはたまたしないのか、それは神のみぞ知るということにしておきましょう。
今のところその糸口さえも見つかっていませんが(笑)
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-16 23:42 | LIFE

悪いことをした

自分はCD、雑誌、ライヴには割とお金を惜しまない方で、雑誌も表紙買いしたりもよくするんすけど、自分の部屋に転がる雑誌の中でも定期購読しているのが「Casa BRUTUS」
カテゴライズしにくい内容なんだけど、建築をコアに置いた上でファッション、グルメなどいろいろ面白い特集を組んでくれるので建築関係の人はよく読んでるんじゃないかなと思う。

Casaには定期購読者向けにSTORAGEという見開き4ページの限定誌がついてて、それも結構気に入ってるんだけど今回それが入ってなかった。

で、読者サービスセンターに電話して別送してもらうことにしたんだけど、その電話の切り際に見つけちゃった。
定期購読継続のお願いの請求書と、その他チラシの間に挟んであって、しかもホッチキスで留まってんの。そんなん請求書めくらへんと分からへんやん。

で、電話かけ終わったあとに気づいたんで一言「そりゃ見つからへんわ」。
言ったあとに気づいたんで携帯を耳に当てたら電話まだつながってた。
テレアポのお姉さん「あっ、こいつ今頃見つけやがったな」と思ったんじゃないかと。
でも、先月はちゃんと別にしてあったし、購入者に無断でホッチキスで留めるなんてありえへん。

と、少し悪いことをしたと思いながらも当然の請求とも思ってます。
間違ってます?
[PR]
by revolvergdsd | 2006-04-09 14:06 | BOOK

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd