カテゴリ:LIFE( 368 )

挟まれる人

電車に乗り込み扉脇で本を読みながら出発を待つ。

発車を知らせるベルが鳴り、扉が閉まるまさにその時。
一人の男性が乗り込み、その体は扉の中に入ったものの、鞄は外に取り残されたまま。当然扉は一時の間開き、鞄を中に取り込むとまた閉まろうとする。
その瞬間。
扉の向こうには男の姿が。
扉は閉まる。その彼は鞄を持たないが、服か何かが挟まる。彼が挟まっているそれを引き抜こうともがく。
そして、扉は開く。


人や荷物が電車の扉に挟まるのはたまに見る光景だけど、二人連続は初めて。

狭い東京、そんなに急いでどこに行く…。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-06-07 13:53 | LIFE

映画づく日々

月始めのファーストデーに「鴨川ホルモー」、先々週には金券ショップでゲットした「鈍獣」、自力で当たった「重力ピエロ」、そして今日は「ハゲタカ」と今月4本目の映画です。
しかも「天使と悪魔」の鑑賞券も当たってるしね。

試写会は日時が限定されていることもあって懸賞の中でも応募総数という分母が比較的小さいのではないかと見当をつけ応募し始めたのですが、ここまで当たるとは。

まぁ、普通の会社、普通の就業形態なら難しいもんなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-05-25 18:23 | LIFE

なにか違う

新刊のハードカバーの上に自分の鞄と買い物したであろう紙袋を置き立ち読みをする子。

ライブ会場で彼女の隣に陣取るために、強引に女の子を押しのける男。

電車の扉の前にいるくせに、人が降りることを頭の隅にもおいていないサラリーマン。


東京のドライ感は嫌いじゃないけど、自分に関係ない人や、関係を持ちたくない人たちに対する冷たさは辟易するな。

ここに住む人間の防御本能なのかもしれないけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-26 18:26 | LIFE

北国の知恵?

行きは、常磐線でひたすら北へ。帰りは東北本線でひたすら南へ。

どこからか電車のドアには開閉ボタンが。駅についても自動で開かず、そして停車の間でも閉めることが出来るのだ。

日頃そんな状況に置かれる事のない僕は、いざ自分が押さないといけない状況になると緊張する。

まぁ、やってみると緊張するほどのことではないのだが。

寒気や雪を少しでも防ごうという北国の知恵なのかなと勝手に解釈したんだけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-03 16:33 | LIFE

人慣れ

a0009853_10225114.jpg

松島の福浦島に渡る福浦橋の上、ウミネコが休んでいました。

これだけ近寄っても逃げない図太さ、これもある意味人害なのかもしれません。

観光客が餌付けすることで自らの手で餌を捕ることを怠り始めているのかもね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-03 10:22 | LIFE

昭忠塔

a0009853_17501945.jpg

仙台城跡にそびえ立っ慰霊塔。その頂部に鎮座するいまにも飛び立ちそうなその姿にホレボレ。

鳶?鷹?今も携帯で調べましたがどちらの情報もアリ。あとから調べ直します。

よくよく調べてみるとこの青銅像は当時の宿敵ロシアを向いていたり、脇にある伊達政宗の騎馬像は本来隻眼の政宗の両の眼が入っていたりするようです。うぅん、奥が深い。

今日は駆け足での観光だったのでまたゆっくりと観に来たいと思います。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 17:50 | LIFE

壮観

只今、勿来駅あたり。もうそろそろ福島県との県境あたりだろうか。
一旦見晴らしのいい場所に出ると眼前に広がる壮大な景色。新宿の高層ビル群もある意味壮大なのかもしれないけど、自然が創り出す景色には遠く及ばない。

まぁ、でもどこに行っても家はある。街中で暮らすことに慣れた身には信じられないような場所にもね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 11:58 | LIFE

荒れ模様

週の中頃というのに、僕は有休を取って仙台に向かっています。

しか~し、昨日の時点で雪の予報が、朝の時点で暴風警報が仙台地方に出ているのです。

それは関東地方北部にまで及ぶらしく常磐線も一部運転見合わせ。
まぁ、元々のんびりの旅。天気は神様に委ねるしかないな。

ちゃんと着けるかなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-04-02 08:39 | LIFE

小さな手

昨日、姪っ子をこの胸に抱え、ボクの手でその小さな手を握り、姪の小さい手がボクの指を握り返してくる。そんな事をしながら「愛しい」という言葉の意味を身をもって感じていた。

親は子供のためなら自分を犠牲にしても…というが、いつか自分も子供を授かったら本当にそう思うのかなと思う自分がいた。

でも、生まれて1ヶ月の姪がその小さな体の中でどれだけのエネルギーを燃やして一日一日育っていくのだろうと考えたら、それを見守る親の意識にも変化が起きてくるんだろうなと思う。


子供は偉大です。
次に会えるのはGW。さぁ、明日から仕事頑張りますか。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-03-23 18:55 | LIFE

外に出てれば

昨日は移動日で、しかも午後からは晴れて、風も強かった。

やはりそれなりに花粉は飛んでいるようだ。

実家に帰ってきて、重度の花粉症の父親の症状を見ていると、自分の症状は軽いもんだなと思った。
しかし、朝起きてみたら、いつもよるか鼻水は溜まっているし、目もおかしい。
車内だと甘く見てマスクするのを怠ったせいだな、こりゃ。
あと2ヶ月くらい続くのかぁ。ツライ季節だ。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-03-21 06:28 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd