カテゴリ:LIFE( 368 )

ソラニンまであと少し

久々に気合い入れて応募していた「ソラニン」の試写会が無事当選し、今は開場待ち。

期せずしてアパレルブランドのCMで披露したその歌声がこの映画でも聴けるみたいだし。

主題歌を手掛けているのがアジカンということで、その点からも期待大です。

開場まではかなりの手持ち無沙汰。久々に書いてみました。
[PR]
by revolvergdsd | 2010-03-19 17:47 | LIFE
本田直之氏の新刊。
積ん読にしてあったけど、図書館から借りてる本のローテの谷間に読み終えました。

「レバレッジ○○」で有名な氏ですが、読みやすく、実行しやすいビジネス書として重宝しています。

不惑まで十年を切り、今が一番迷う年頃なのかな。

自分の価値を見極め、会社にとらわれないような自分を作っていかないとな。
[PR]
by revolvergdsd | 2010-01-16 11:13 | LIFE

成長する楽しみ

今、僕がなによりも大切に思い気に掛けているのは、姉の三人の子供であるおいめいです。

人間、三十を過ぎれば、自分が目覚ましく成長することはそうそうない。

でも、子供たちにはこれからいかようにも成長できる可能性がある。
年に三回程度しか会えない事もあって、会う度に彼らは変わっていきます。
自分の子供はいないけど。これが親の喜びって事なんでしょうね。
[PR]
by revolvergdsd | 2010-01-08 16:01 | LIFE

盤石②

翌日あたりに書こうかと思っていた続きが、正月休みを挟んで今に。


ということで話は本題に転じ、カウントダウンジャパンの初日のメインステージのトリはお待ちかねのユニコーン。

派手なSEの後に現れた5人はいつもの通り揃いの衣装。
ツナギの背に思い思いの漢字を背負ってました。奥田民生は「民」、阿部義晴は「義」とかね。
みんな一文字なのですがEBIはしょうがなくというか、当然というか「海老」。オーディエンスの笑いを誘っていました。

彼らが選んだ一曲目は名曲「服部」。いきなり大盛り上がりです。
会場を歩いていてもフェスTの次にユニコーンTが着用率が高く、三十路以上の以前からのファンから、奥田民生からの流れなどね新しいファンまでユニコーンのファン層の厚さを思い知った日でもありました。

WAO!を始めとした新しいアルバムの曲を随所に散らばらせながらも選曲はベスト盤的選曲。先の「服部」、「大迷惑」、「すばらしい日々」、そしてアンコールでは復活後初披露という「雪の降る町」まで演奏してくれました。

16年待たされたけど、待たされたからこそ、今、これだけ楽しめるのかなと。四十過ぎのオッサンたちがあんなに楽しそうにしているのを観ると、オレももっと仕事もプライベートも楽しまないとなと思ってしまいます。


ギリギリまで参戦を迷っていたのが嘘のように、ライブのあとは興奮状態。
次のユニコーンのライブが待ち遠しいです。

しかしながら、今年は奥田民生としても精力的に活動するだろうから、去年ほどは観れないのかな。
まぁ、いつでも対応出来る様にユニコーン貯金をせねば。
[PR]
by revolvergdsd | 2010-01-05 16:05 | LIFE

盤石①

昨日は三日前に急遽参戦を決めたカウントダウンジャパンに行ってきました。

予定では開演1時間後くらいには着いてPerfume→民生と楽しみ始める予定だったのですが、仕事納めにも関わらず年明けの業務の段取りが上手くいっておらず、仕事をなんとかこなして会場に入ったのは開演3時間後。上の2アーティストは見ることができませんでした。

メインステージに向かうと木村カエラのセッティング中。ここにはなんとか間にあったかといった感じ。

カエラをライブで見るのは3、4回目だけど場慣れしてるというか、人前に出るのが転職というか、根っからのアーティストだなぁと痛感。Butterlyも聴けたし言うこと無しでした。

そして次はゴスペラーズというトコでゴスファンには申し訳ないが腹ごしらえに。

栄養分補給したトコで、教授のステージへ。MCがない独特のステージでしたが、締めはやっぱりenergy flowでした。

そしてメインに戻り、いよいよくるり。昔よく聴いていたけど最近は…だったのですが、しょっぱなからエンジン全開(くるりにこの表現は似合わないけど)で、最近コラボしたユーミンがサプライズで出てきたり、あの名曲を披露したりと時間は少し短めに感じましたが楽しめました。
しかし、目の前で阪神赤星のユニフォームにタイガースのタオルで踊り狂っていたおっちゃん。彼はなにものだったのか。

だいぶ長くなったのでトリのアーティストはまた次のお話で。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-12-29 20:32 | LIFE

建築家の宿命

ギャラリー間で本日最終日の隈研吾展を観てきました。

最終日ということもあって、今まで行ったどのギャラリー間の展覧会より人が居たなぁ。


建築家と呼ばれる以上、建築物に付加価値が求められる。それを探し求める道は果てしないなと。
資格を取りながら建築の道からフェードアウト気味な僕がのたまうのです。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-12-19 18:39 | LIFE

黄金のまどろみ

今週の火曜日、仕事を定時に切り上げて有楽町よみうりホールへ映画「ゴールデンスランバー」の試写会に行ってきました。

文庫化された後の「オーデュポンの祈り」で伊坂幸太郎にハマって以来、既刊は文庫で、新刊はハードカバーで購入してきた僕にとっては本屋大賞を獲ったこの作品の映画化、観ないワケにはいきません。

伊坂作品を良く知る監督や主演の堺雅人、ヒロインの竹内結子、全てがどストライクだったので。

公開は来月末ということで内容は書けませんが、映像化されることを意識したかのように映画に映える伊坂作品。この一本は観た方がいいですよ。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-12-18 08:52 | LIFE

十年ひと昔

今日はDo As Infinityの10周年ライブ@日本武道館。このアナウンスがされた時、一抹の不安がよぎったのを覚えてます。

その不安とは「今のDo Asに武道館を埋める力があるか」という事。

約3年の空白期間を経ての復活。復活後の決して多くないメディアへの露出。復活バブルと言うものがあるとすればそれから1年経ってしまっている事などなどね。先日の横浜赤レンガの観客が思ったよか少なかったのもその不安に拍車をかけました。まぁ一応、一般発売後に完売にはなってたけどね。

そして迎えたライブ当日。
武道館に入り、少し安心。ダフ屋が買いあさったり、一般人が買って余らせてしまったであろう空席はチラホラ見えるもののご愛嬌程度。10年間彼らを支え続けているファンの存在を感じました。
オレは色々と浮気気味だったけど、一途にDo As一本て人もいるだろうなと。


ライブ本編はというと、ある意味レコ発ライブ、ある意味アニバーサリーライブと二つの面を見せ、ニューアルバムから曲を披露する一方、シングル曲を網羅する様に初のメドレーまで取り混ぜて楽しませてくれました。
アンコール&ダブルアンコールまで続き、ダブルアンコールではデビュー曲のTangerine Dreamを。4年前は長尾さんと三人で演ってくれたんだよなぁとふと感慨に浸ったり。
実家の最寄り駅の近くのレンタルショップでDo As Infinityを知ってからもう10年経ってしまったのかと、時間の流れを感じます。
FM局のサロンライブでライブを見て、次第に大きくなっていく会場のキャパ。大きくなりすぎて興味を失いかけた時もあったけど、今はこうしてまた観客として楽しんでいる。

良い曲は色褪せないし、歳を経ることで良くなっていくことも多いはず。
これからのDo As Infinityにも適度な期待をかけていきたいと思います。

しかし、伴ちゃんの喋りはうまくならんなぁ。まぁ、あのつたなさがいいんだよってファンも多いだろうけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-11-29 21:52 | LIFE

タダライブタダライフ

先々週末から先週末にかけて3つのライブに行きました。共通点は無料、そもそも観覧自由で無料のフリーライブと、観覧権利が当選した招待制ライブに分かれますが、とりあえず3つ固まったのです。


まずは、4日の横浜みなとみらい。Do As Infinityね10周年記念プラスニューアルバムのレコ発ライブです。整理券配布開始時で約1,000人。その後、ライブ開始時点で1,300人、始まってからはよくわかりません。この数が多いのか、少ないのか、それは神のみぞ知る?
アルバムリリース直後という事でそこからの選曲がメインになるのかなと思いきや、アニバーサリーライブとしての色を濃く感じさせる新曲シングル曲を織り交ぜた選曲でした。

二人の微妙に噛み合わないMCもまた一興。秋晴れの横浜にふさわしいいいライブだったのでは?


次は6日のMusic Lovers。私用携帯で愛用しているKDDIの単独スポンサーの番組という事で、メルマガを通して何度となく応募はしていたのですが、当選したのは初めて。
アーティストはGLAYでした。
定時すぎに会社をあがり、麹町へ。日本テレビ麹町スタジオの前には行列が出来ていたので、そこに並びました。しばらくすると、「整理番号順での並び替え」のアナウンスが…。しかし当選メールにはそれらしき番号はなし。焦ってスタッフのお兄さんに聞いてみると、別枠で並ぶトコがあるとの事。その後は無事何事もなく入れました。
内容のネタバレは好ましくないと思うので、25日のオンエアをお楽しみに。

学生時代ぶりの生GLAYだってのですが、そんなにわかファンにも楽しめる構成でした。


最後はおととい、10日のWOWOWのイベントライブ。

これもDo As Infinityが目当てで、時間と組数との兼ね合いを考えても、ひと組1、2曲だろうなと考えていたので、さほど期待はしていなかったのですが、思いのほかバラエティーに富んでいて面白かったです。
進行役として出てきたユースケの無責任な進めぶりもなかなか。

トリはhitomiだったのですがその脚線美には驚き。これでお母さんかぁ…と見入ってしまいました。
アンコールもなく、バッサリと終わってしまったのが残念だったな。


タダより高いものはなしと言いますが、ことライブに関してはそんなことはないですね。機会自体がなかなかないのが残念なトコではありますが…。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-10-14 08:21 | LIFE

横浜にて

a0009853_12315830.jpg

14時開始予定のDo As Infinity10周年のフリーライブ観覧のため、横浜みなとみらいに来ています。

みなとみらいはいつも夕方に来ているので、変な感じです。ひとまず大さん橋を楽しんでますが。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-10-04 12:31 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd