カテゴリ:MEDIA( 119 )

GORGEOUS × GORGEOUS

大地真央さん婚約、12歳年下のデザイナーと…挙式未定

誰とだ?と思ったら森田恭通氏でした。
Casa BRUTUSの1月号で取り上げられていたので覚えてただけなんですけどね。

どんな人かというとインテリアデザイナー(常時60件以上の案件を抱えているらしい)兼プロダクトデザイナー兼(有)グラマラス社長と言う肩書きの持ち主。
他にも、シャンデリアブームの火付け役だったり、ロンドンフルマラソンに挑戦したり(ちなみに今はトライアスロン参加に向けて準備中との事)、年間1500~2000本のシャンパンを飲んでいた事からフランスのシャンパーニュ騎士団からシュバリエの称号を与えられたりとまさに何でもアリな感じの人です。(Casa BRUTUSより抜粋)

見た目は結構普通な感じの人なんだけど、生活スタイルが常人とかけ離れているみたい。

意外といいカップルかもしれないな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-14 19:01 | MEDIA

決断

佐川急便が新「飛脚」マークに 創業50周年を機に

セールスドライバーと言う言葉が浸透してきた事で、佐川も一歩次の段階へ進もうとしているみたいですね。
これだけ認知されているマークを変えようという決断は凄いと思う。
でも、新マークは微妙。

a0009853_23313212.jpg

[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-13 23:41 | MEDIA
日曜日に録画しておいた石田衣良が特集されたソロモン流を見ました。

合間合間で出てくる船越さんがあんま好きではない(船越さん自身ではなくこの番組内だけね)のでいつもチェックしているわけではないのですが、今回は番宣で知り、裏の忍成のウルルンを見て、こっちは録画。

そしたら思わぬ情報が。
直木賞受賞作である「4TEEN」の続編となる「6TEEN」を執筆中との事です。
このままIWGPのようにシリーズ化してくれるといいな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-13 22:52 | MEDIA

ジュニア

千原ジュニアの小説「14歳」がベストセラー

「やりすぎコージー」を好んで観る自分にとってはジュニアは見慣れた存在だけど、一般的にはなじみは少ないはず。

それが「14歳」のヒットを機に、「徹子の部屋」に出るという。
以前放送された「情熱大陸」では"千原兄弟"という括りで取り上げられていたにも関わらず放送された内容の殆どがジュニア。兄の靖史が「やりすぎコージー」でキレていたほど。

今は節約中だから買えないけど、余裕が出来たら買おうかな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-05 18:42 | MEDIA

アサチュー?

Chara&アサチューは円満

アサチューって初めて聞いたよ。その略し方しかないとはいえ、記者のセンスを疑う・・・。
無理に略さんでもええのにと思うのは僕だけですか。

記事では女性歌手の離婚のことが書かれているけど、自分は浅野忠信&Charaで思い出すのは永瀬正敏&小泉今日子、村上淳&UA、松岡俊介&YOUの3組かな。みんな離婚しちゃったけど。
浅野忠信含めた男4人は男性ファッション誌(メンノンとかね)の常連で、あこがれの夫婦といった感じだったのになぁ。今は昔といったトコですか。


Charaももう39歳なのね。以外とお年を召されているようで。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-05 18:17 | MEDIA

女子アナ→フリーアナ

TBS川田亜子アナがフリー転身

バラエティーはイヤ! TBS川田亜子アナがフリーに

いろんな意味で今が売り時なのかもしれない。
バラエティーでタレントの混じっても立派にキャラ立ってるし、フジのウッチーに続けという事かな。
報道が出来るかどうかは彼女の実力と、報道番組の女性キャスターの空席が出来るかと言うところにもかかってくるかも知れないけど、30を前にして必然の選択だったのかも。

日曜朝の「がっちりマンデー」には引き続き出演という事で、良かった。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-05 18:02 | MEDIA

ハゲタカ

a0009853_1751318.jpg

TVで気になる この人の素性と評判 大森南朋

先月17日から始まったNHKの土曜ドラマ「ハゲタカ」
毎回欠かさず見てます。見忘れないようにビデオに録ってるほど。

今のところは、柴田恭兵演じる三葉銀行事業戦略部の芝野と大森南朋演じるホライズン・インベストメントワークス・ジャパン代表の鷲津の様々な形での対決という形でバブル崩壊後の2000年における日本の銀行と外資ファンドの攻防を描いてます。

次回からは2004年に舞台を移し、もうひとりの主役である松田龍平が目立ってくる展開になる模様。電機メーカーの会長役で菅原文太も出てくるし、ますます見逃せない。

中村獅童は松田龍平の演じている役で出演予定だったのが例の騒動で降板したとの事。
Wikiに書いてあったけどどっから仕入れてくるんだろそんな情報。
確かに騒動時に「NHKドラマ降板」ていうニュースはあったけどコレだとはしらんかった。
でも、今見てると松田龍平で正解な気がする。獅童バージョンも見てみたかったけど。


トラバ先の大森南朋の話に変えると、顔と名前は一致する程度の知識はあった新潟時代にパチンコマルハンのCM見て「なんで?」と思ったのを覚えてる。
新潟生まれなのかと思ったらそうでもないし、今でも謎だな。

で、こっち来て見た「アイデン&ティティ」からかな。ちゃんと役者さんとして認識し始めたのは。この前見てきた「鉄コン筋クリート」ではチョコラの声やってたね。
「アイデン&ティティ」では峯田和伸(GOING STEADYのVo.→銀杏BOYZのVo.)と中村獅童の陰に隠れている感じだったけど、今やすっかり・・・立派になって(笑)

個人的には好きな役者さんなので、ドラマも、映画も頑張って欲しいです。

それにしても、オヤジさんは怖いわ。

Wikipedia - 大森南朋

Wikipedia - 土曜ドラマ「ハゲタカ」
[PR]
by revolvergdsd | 2007-03-05 17:53 | MEDIA

作家VS建築家

「金持ち主義変える」 黒川氏が出馬会見

このニュースを聞いた方の多くが「黒川紀章?」と思ったかもしれない。
日本の建築家では、安藤忠雄が圧倒的な知名度があるに対し、磯崎新、伊東豊雄、SANAA、谷口吉生、槇文彦など世界で活躍する建築家でさえ日本国内では一般人の知名度はほとんどないのではないかなと思う。
建築系の学生でさえ、構造・材料系を専攻していたら「好きな建築家は?」と聞かれて返答に窮し歴史的な建築家をあげる子もいるやろうし。意匠系はそんな事ないやろうけど。


きっと今日あたりからネットの検索ランキング急上昇なんだろうな。

「石原氏が出馬を辞退しない場合、立候補する」
と言うところが気になるところだけれども、まぁ、現知事が出馬辞退する事は考えにくいし、このまま出馬という事になるんだろうね。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-22 20:59 | MEDIA

小学生レベル

紀香「初夜は?」の質問に苦笑い

「初夜は?」はないよなぁ。
聞く方も聞く方だよ。芸能レポーターの下世話な質問には閉口することも多いけど、コレは今までで最強かも。
いくら仕事と言っても、聞くべきでない質問ていうのはあるだろうし、上司の命令とかだたとしてももう少しオブラートに包む言い方があったろうに。
他のページにも書いてあったけど、女性じゃなくて男性リポーターがこの質問していたらどうなってたんだろ?

最後にレポーターを心配してた藤原紀香の大人な態度が際だったな。
芸能人て大変だね。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-21 14:33 | MEDIA

請負

孫請けのせいにするな!総務相関テレ批判

建築業界でも「請負」という形態は日常的に使われています。
元請負者(発注者から仕事を直接請け負った事業者)として、各工事の下請け工事の業者名簿を見ていると僕らが仕事を依頼する会社が雇っている作業員が来てくれる場合もあれば、「あるある」のニュースで出てきたような「孫請」や更に「曾孫請」と呼ばれる何重にも重なる請負の連鎖を見る事も稀ではないです。

当然中間の業者であっても、マージンは取ります。
人は出さない、工事も見に来ないのにです。
ただ、責任は取るべきであって、工事に何らかの問題が出れば、僕らが発注している会社の人間に対応してもらいますし、「下の人間がやった事」なんて言い訳も彼らはしません。

下請に出す以上、請ける会社はその仕事に対して責任を持つべきだし、発注する方は管理するのが仕事となります。それが出来ないなら下請けに出すべきではない。
テレワークが中に入らなければ経費的にも余裕が出来て、もう少しなんとかなったかもしれないのに。

建築業界もそうだけど、そういう無駄なところを削っていく構造改革こそ必要なのに。
10年経ってもきっと変わってないんだろうな。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-10 23:54 | MEDIA

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd