カテゴリ:TRAVEL( 42 )

タイムリー?

コカコーラのオリンピックT。
19回目にしてようやく当たりました。
当たったのはコレ。

a0009853_2310643.jpg


後は届くの待つだけです。
[PR]
by revolvergdsd | 2008-08-08 23:09 | TRAVEL

東京行脚②

昼過ぎに用事を終えた僕は、せっかくなので近くのココへ。

a0009853_23511824.jpg


21_21 DESIGN SIGHTです。
入りたくなる欲望と戦いながら、今回は我慢しました。

後ろを向けば、ミッドタウン。
a0009853_23554256.jpg


ミッドタウンでは緑を楽しんで、中には入りませんでした。
だって、お金ないし。

その次に行ったのが、東京国立新美術館
a0009853_002027.jpg
a0009853_005084.jpg


ここも中には入ってません。
お金もないけど、閉館間際だったので。
でも、近くで見る事で今まで雑誌でしか認識していなかった知識にプラスαされる情報が多くあり、楽しめました。
佐藤可士和氏デザインのロゴの写真を撮っている人もちょいちょいいましたね。

最後は、ここまで来たら行くしかないでしょという事で、六本木ヒルズ
a0009853_09721.jpg


4周年を迎えた六本木ヒルズですが、僕にとっては初六本木ヒルズでした。
森美術館では5/26から「ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡」が開催されるので、コレは行かねばと思ってます。

六本木アートトライアングルの所在地を廻ったものの、ひとつも中を見てないという切なさ。
次回はリベンジします。


東京行脚を終えて、再び深夜バスに乗る為新宿へ。
当然、時間が余っていたので本屋行ったり、電気屋行ったりしてました。
出発1時間前くらいになり、さすがに手持ちぶさたに。
しょうがなくバスターミナルへ行き、待っていると学生の集団が。
見ると、たいがいの子が吉本の土産を持ってる。
なんで?と思って考えて思い出したのがルミネtheよしもと。
大阪から来たのに、東京であんだけの吉本のロゴを見るとは思いもよりませんでした。
修学旅行のスケジュールに新喜劇鑑賞でも入っていたのだろうかな。


そんなこんなで、ようやくバスに乗ったのですが、隣の方がちょっと体格がよい方で、僕の席の方まで攻めてくるんですよ。
触れ合っているとそこが暑いし、その人はそんな事気にせず快眠だし。
なんとか窓際に体を寄せて、過ごしました。まぁ、少しは寝たと思います。

おかげで、次の日はスノボもしてないのに久々太股からふくらはぎにかけて筋肉痛になってました。東京で、だいぶ歩いたのもあると思いますけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-05-18 00:20 | TRAVEL

御蔭祭

若冲展の帰り、出町柳まで戻って鴨川のほとりで一休み。
そしたらふと思い出したのが下鴨神社。
行った事がなかったので、行ってみました。

a0009853_0295390.jpg


どこまで続くやも知れぬこの緑の参道を楽しみながら、歩いていくと側方になにやら装束に身を包んだ集団が・・・、更に進むと今度はギャラリーが・・・。
ギャラリーに紛れて待っていた僕は偶然ながら御蔭祭に立ち会う事が出来ました。
ただ寄っただけだったのに、神事に立ち会えるなんてコレも若冲のご加護でしょうか(笑)

a0009853_131063.jpg

a0009853_0413735.jpg


比叡山山麓の八瀬御蔭山より神霊を本社へ迎える神事。 明治初年の神社祭祀法制化以前の年中行事を旧祭式、以降を新祭式と称して区別している。 現在の御蔭祭(みかげまつり)は、旧祭式のころは御生神事(みあれしんじ)と呼ばれていたが、新祭式となって、神事斎行の場所が東山三十六峰の二番目の山、洛北上高野の御蔭山の麓であったことからその名となった。 旧祭式時代の御生神事は、旧暦四月の午の日。早朝より禮殿(らいでん)における解除(げじょう)の樹下神事(じゅげしんじ)から始まる。本宮を進発するときの歓盃(かんぱい)の儀。そうして神領内行粧を整える檜垣(ひがき)。御蔭山の山麓の禁足地へ行粧が到着すると、高野川に面した船繋ぎ岩(磐座(いわくら))において御生神事が行われる。御蔭山の麓を風俗歌を奏しながら巡る神おろしの神事。その後、神領内総社神前での路次祭(ろじさい)。糺の森に達してから芝挿神事(しばさしのしんじ)。切芝神事(きりしばのしんじ)。御生ひきと称して御綱を正官がひく、本宮の儀の全てを総称して、御生神事と呼ばれてきた。 古代から、鴨氏が伝えてきた思想信仰を基とする祭祀と氏祖神の祭を御蔭祭と呼ぶようになり、氏子の祭へと変貌した。また、上知令後、神領内の各総社が独立したため諸神事が略されたことなど、大きな変革がもたらされた。しかし、古代から森林を祭祀場とする切芝神事は、御生された御神霊を神馬の背に移御し、御神前で御祭神のご来歴、風俗歌三代詠(さんだいえ)を奏上するのと、忌子(童形)御杖を奉持、先導する本宮の儀は、今は葵祭にさきがけて五月十二日に行われている。 この祭は我が国最古の神幸列として、毎年神馬に神霊を遷し本社に迎える古代の信仰形態を今に伝える祭として有名である。また、御蔭祭の日の午後四時頃、本社に於て切芝遷立の儀の時の舞を「東游(あづまあそび)」という。(下鴨神社ホームページより)

神馬の歩みに従って、ギャラリーが移動していくある意味滑稽でしたが、自分もその中のひとりでした。
境内の中に入ると、僕は神馬そっちのけで建物を観てました。
こんな所はやっぱり建築バカ。


a0009853_0491489.jpg
今日は葵祭という事で、規模もより大きくなる様なのですし、行きたいけど・・・我慢。

「葵祭」と一般に呼ばれるが、正式には「賀茂祭」と称し、八坂神社の祇園祭、平安神宮の時代祭とならんで、京の三大祭りといわれ、石清水八幡宮の石清水祭、奈良春日神社の春日祭とともに、日本の三大勅祭といわれている。この葵祭の起源については、欽明天皇の御世に、風水害がはげしく五穀が実らなかったため、飢餓疫病が蔓延し、京中が騒然となったので、その原因を占わせたところ鴨の神の崇であるということになり、天皇が使を遣わされ祭を行われたのが始まりである。(下鴨神社ホームページより)
[PR]
by revolvergdsd | 2007-05-15 00:49 | TRAVEL

雲を測る男

a0009853_14291956.jpg

金沢21世紀美術館の屋上に設置されている作品です。
前回来た時は存在自体知らなかったのですが、昨日心斎橋のアセンスで金沢のるるぶを見てその存在を知りました。

芸術と言っても色々あるもんだ。

これから今日の主目的の奈良美智見てきます。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-08 14:29 | TRAVEL

月夜曲

今から、金沢21世紀美術館へ奈良美智展 Moonlight Serenade-月夜曲 を見に行ってきます。

a0009853_610957.jpg


去年の夏の弘前への「A to Z」以来の奈良美智となります。
とりあえず、寝坊しなくって良かった。
[PR]
by revolvergdsd | 2007-02-08 06:12 | TRAVEL

色づき

a0009853_223026100.jpg


紅葉もピークを迎えつつあるようなので、今日は京都へ行って来ました。
写真は南禅寺のとなりの天授庵で撮った一枚。
南禅寺で三門(山門)に登った時にすぐ隣にいい感じの庭が見えたので寄ってみました。

今年は秋から冬にかけての気温が高かったせいか色づきが悪いらしい。
ただ、そのおかげで赤からオレンジ、黄色、黄緑とグラデーションが楽しめた。
「真っ赤」を期待してきた人は少し不満かもしれないけど。

23日の祝日が絡む週末だったので、とにかく凄い人でした。
観光バスの量も凄い。一般車の数も凄い。
夕方あたりに見た所沢ナンバーや千葉ナンバーの車。
今頃帰路についているのだろうか。お父さんお疲れ様です。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-11-26 22:44 | TRAVEL

アスファルト・スポット

a0009853_18145798.jpg

a0009853_1814575.jpg

a0009853_1814573.jpg

作品番号93

妻有大橋近くにある作品です。
まるでアスファルトの下から何かが生まれてくるかのような盛り上がりをしたこの構造物、道路に面した方に公衆便所があり、奥には人が集えるスペースがあります。
ただし、前回造られたモノと言うことであまり有効利用はされてないようですが。
そこがもったいないですね。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-08-28 18:14 | TRAVEL

平和の塔・平和の火

a0009853_16172536.jpg

見えないかと思いますがこのモニュメントの中心には広島に落とされた原爆の残り火から採取された火が燃やされ続けています。
ひとつ目の旅行とこんなところでリンクするとは夢にも思いませんでしたが、それだけ日本にとって忘れてならない大きな問題なんですね。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-08-28 16:17 | TRAVEL

この土地ならでは

十日町市内を電車で走るとあることに気づく。
建物が密集していない地域の新し目の建物に特に顕著に見られるが、1階部分が打ち放し仕上げになっている事。1m程度の腰壁ならば倉庫事務所の施工の際に日常的に行っていたが、2mも3mも高くなっているのはやはり違和感がある。だけど豪雪地帯はしょうがないのかなと。そうしなければ外壁材に大きな損傷を与えかねないのかもしれない。
自分だって新潟に住んでいたと言っても新潟市内は降っても極端に雪が積もる訳ではないのでその恐ろしさの一端くらいしか知らないだろう。でも道にあるバリカーの中央がどれもへこんでいるのを見ると雪の凄さを痛感するかな。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-08-28 15:54 | TRAVEL

@新潟

a0009853_12152229.jpg

今日は越後妻有への移動日。朝一番の仙台発の高速バスに乗り、やっと新潟駅につきました。これからまた3時間程度かけて十日町へ移動です。

母親には「会社に挨拶しに行くの?」と言われましたが、時間もないし、さすがに私服では行けないしね。挨拶状は送ってあるのでそれでご勘弁をと言った所でしょう。

高速バスが新潟市街地近くの料金所を降りる少し前に前の会社の現場がありました。ビジネスホテルでしたけど。新潟ではそこそこ名が知られてる企業だもんなぁ、なんだかんだ言っても。

さっき電車が動き始めたんですけど、僕が1年住んでた独身寮があった!取り壊されたと聞いていたんですけどね。閉鎖後の処理が進んでないみたいです。これも立派な不良債権だよなぁ。

では、新潟駅で買った駅弁食べてのんびり読書します。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-08-28 12:15 | TRAVEL

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd