十年ひと昔

今日はDo As Infinityの10周年ライブ@日本武道館。このアナウンスがされた時、一抹の不安がよぎったのを覚えてます。

その不安とは「今のDo Asに武道館を埋める力があるか」という事。

約3年の空白期間を経ての復活。復活後の決して多くないメディアへの露出。復活バブルと言うものがあるとすればそれから1年経ってしまっている事などなどね。先日の横浜赤レンガの観客が思ったよか少なかったのもその不安に拍車をかけました。まぁ一応、一般発売後に完売にはなってたけどね。

そして迎えたライブ当日。
武道館に入り、少し安心。ダフ屋が買いあさったり、一般人が買って余らせてしまったであろう空席はチラホラ見えるもののご愛嬌程度。10年間彼らを支え続けているファンの存在を感じました。
オレは色々と浮気気味だったけど、一途にDo As一本て人もいるだろうなと。


ライブ本編はというと、ある意味レコ発ライブ、ある意味アニバーサリーライブと二つの面を見せ、ニューアルバムから曲を披露する一方、シングル曲を網羅する様に初のメドレーまで取り混ぜて楽しませてくれました。
アンコール&ダブルアンコールまで続き、ダブルアンコールではデビュー曲のTangerine Dreamを。4年前は長尾さんと三人で演ってくれたんだよなぁとふと感慨に浸ったり。
実家の最寄り駅の近くのレンタルショップでDo As Infinityを知ってからもう10年経ってしまったのかと、時間の流れを感じます。
FM局のサロンライブでライブを見て、次第に大きくなっていく会場のキャパ。大きくなりすぎて興味を失いかけた時もあったけど、今はこうしてまた観客として楽しんでいる。

良い曲は色褪せないし、歳を経ることで良くなっていくことも多いはず。
これからのDo As Infinityにも適度な期待をかけていきたいと思います。

しかし、伴ちゃんの喋りはうまくならんなぁ。まぁ、あのつたなさがいいんだよってファンも多いだろうけどね。
[PR]
by revolvergdsd | 2009-11-29 21:52 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd