口パク

~邦楽情報サイト ミュージックマシーンからのネタです~

THE HIGH-LOWSとしての活動を終わらせTHE CRO-MAGNONS(ザ・クロマニヨンズ)として活動をスタートさせたヒロトとマーシー。
この夏のMEET THE WORLD BEATでファンに姿を現した彼らですが、テレビについては目立った活動はしてませんでした。
そしたら、先週末やってくれたようです。あのCOUNT DOWN TVで。

ひとまず、you tubeでクロマニヨンズと検索してみましょう。そしたら先週土曜日深夜のCOUNT DOWN TVが出てくるはずです。
そしたら、それを観てみる。まぁ、黙って観てみなさい。



ね。


もう、合わせる気全然ありません。自分のやりたいようにやってます。
口の動き、カラダの動き、マイクの動き、かなりむちゃくちゃです。
そして、鼻はほじるわ、ドラムをじゃましに行くわとやりたい放題。

CDTVの口パクといえばDragon Ashの「Let yourself go, Let myself go」が有名で番組側から口パクでのパフォーマンスを要求されたKjはマイクを逆さまに持つという行動に出ている。
どのくらいの割合が口パクなのかは分からないけど、かなりの割合なんじゃないかな。
要は完成された音があるわけだからよほどの事がなければ失敗はないという事、つまりコスト削減、収録時間の短縮には有効と。

MUSIC STATIONでも時々あるしね。踊りが激しいのに、声がぶれない。
ホントに声が出ているのなら凄いけど、決してそうは見えない。
この前もJ事務所絡みであったし。

MUSIC STATIONは生放送なのでそういう状況が見ている人に分かる事態が起こっても放送に乗ってしまうのは分かるけど、COUNT DOWN TVは撮り直せるよね。
それでも出すって事はTBSはどういう考えなのか。
「出てればいいんだろ」的な考えなのかな。それともどうでもいいのかな。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-10-02 22:48 | MUSIC

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd