人×間×関×係

先日のインド戦。事務所で点いていたテレビを自分がチャンネルを変えたらちょうど試合が終わったトコだった。
結果は、知っての通り、7-0。
A代表以外はサッカーじゃない(当然Jリーグはまともに見た事さえないんじゃないかな?)といった感じの知識しかない先輩が、日本とインドのFIFAランキングの差が約100位ある事を知って一言。

「そりゃ30点くらい獲ってもらわないかんわな?」(かなり本気で)


・・
・・・
・・・・
・・・・・

「は?」
サッカーという競技の中でその得点数をあげることが、どれだけ難しいかを説明してもいっさい聞く耳持たず。ただ一言。「いや、でもできるだろ。そんだけ差があったら。」

無知とは恐ろしい。

その人にとって、自分が知っている事が全て、自分が知らなければそれはマイナー。
他にも、一度決まった事を時間を置いて再度確認すると、全く答えが変わってくるし。
どこかが歪んでる。
なんか、今の周りの年上にそんな人が多すぎて、哀しくなってくる。
①最初は、優しいと思っていたが、優しいわけではなく仕事が適当すぎてただ起こらないだけの先輩。
②人に仕事を振るだけ振って、任せるだけ任せて、職人から、上司から現場の事をなにか聞かれたらしどろもどろになって、部下に聞く主任。
(自分の仕事は中途半端にしかやってないのは当然。そのツケは下に回ってくる。)
③下にはやたら厳しいくせに、上と横には何も言わない①とは別の先輩。

その他、諸々いるけどね。
前にも、書いた気がするけど、この業界(ゼネコン)はバブルの頃が良すぎた為、今の働き盛り(30~40~50代)は、その蜜の甘さを知っていて、その分きつかった仕事のトラウマが心に根付いてしまっている。
監督は「いや、職人じゃないから」と言って動こうとしない。
職人は「いや、監督じゃないから」と言って責任をとにかく押しつける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

年上の人達を信じられなくなるって言う事は、社会人にとってホント辛い。
頼るべき人たちに、頼られるだけの能力がないからどうしようもない。

ゼネコンってこんなもん?
社会人ってこんなもん?
[PR]
by revolvergdsd | 2004-06-11 21:45 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd