ACCESS!

ACCESS!、それはFM802がこの春仕掛けるキャンペーンです。

おととい、そのキャンペーンの一環のイベントライヴTOYOTA bB NITE -ACCESS PARTY!-を見にZepp Osakaに行きました。

INVITATION CARDに記されたゲストアーティストは、Sowelu、HALCALI、RHYMESTER、タカチャ、アルファ、and more(ちなみにand moreは会場行ってからアナウンスされたのですが)。

自分としては、SoweluとRHYMESTERがお目当て。
HALCALIはテレビとかでも見てるし、タカチャとアルファは名前は聞いたことあるけど・・・的な印象しかなかったので、良かったらめっけもんかなと。

OPENING ACTはタカチャ。
「ソノサキニ」を始めとする彼の音楽は耳なじみの良いメロディ、聞き取りやすい歌詞、まさしく場を盛り上げるのにはうってつけだったんじゃないかと思います。

そしてタカチャから間髪入れずに現れたのが King Of Stage Rhymester
RhymesterとしてはライヴもPVも見たことがなく、どちらかというとMummy-Dにはまり気味です。
名前だけ知っていたMummy-Dをきっちり認識したのはSUPER BUTTER DOGのギタリスト・竹内朋康と結成したユニット"マボロシ"を知った時かな。多分、JAPAN COUNTDOWNか何かで「SLOW DOWN」を聴いて、「うぉっ、これいい」と思って聴き始めたのがきっかけだと思います。
で、KREVAと組んだ「ファンキーグラマラス」、Crystal Kayと組んだ「Baby Cop」でさらに引き込まれていった感じ。
最近ではZEEBRA、AI、安室奈美恵と共に「Do What U Gotta DO」をリリースしているのでそれで知っている人もいるかもな。
あの声が好きなんです。なんでかわかんないけど。

タカチャとは打って変わったたたみ込むような、押し寄せるような二人のフロウ。
自ら"King Of Stage"と謳うのも伊達じゃないなと思いながら楽しませてもらいました。
ちなみに開演前のFM802のDJによるアーティスト紹介でも一番盛り上がってました。
さすがKingの底力。

3番目はHALCALI。
久々にO.T.F(オシャレ・トラック・ファクトリー、リップのRYO-ZとFUMIYAのプロデューサーユニットね)のプロデュースを受けての新曲を出したこともあって、最近メディアによく出てるよね。
新曲はもちろん、シングルメドレー的なmixもやりつつ、RHYMESTERの宇多丸とかつてコラボした曲をライヴで初披露したりとまったりしつつもなかなかいい感じで。
で、去り際に「次はアンドモアの登場だー」とね。

多分会場には多少なりとも「もしかしたら布袋が、リップが、ひょっとしたら両方が・・・」と淡すぎるほど現実味のない期待を持っていた人もいたと思います。自分もそんな一人ですが。

で、出てきた4組目が。

HOME MADE 家族でした。
nobodyknows+と共に名古屋発の彼らは小学生の半ばから大学卒業までを名古屋で過ごしたボクにとっては割と親近感をもてる存在。
最初にその存在を知った時こそMICROのサンバイザーやそのユニットのネーミングに拒否反応してたんですが、"家族"をメインテーマとする彼らの楽曲に少しずつ心地よさを覚え始めて来てるんですよねぇ。
会場も彼らの登場には大盛り上がり。「サルビアのつぼみ」や「JOYRIDE」などシングル曲を披露するとライヴはさらにヒートアップしていきました。

こうなると残るのはアルファとSowelu。当然トリはSoweluで次はアルファかと思いきや、出てきたのはSowelu。
クラブのノリだった会場をしっとりと変えてくれました。
途中の拙いMCに会場が苦笑・・・する場面もあり、自分がオチだと思ってるトコで全然受けなかったり、何の気なしに言った一言に会場がウケたり、かなり天然なことを露呈してました。
もちっとしゃべりが成長しないとワンマンライヴはきついなぁ、と勝手に判断。

ここでも、コラボがあって、先に登場したHOME MADE 家族のMICROが再登場し、「Let's go faraway」を披露。
1つのライブで2つのコラボが見れるのもなかなか珍しいんじゃないかと。

最後の1曲を歌い終わったあとも、なぜかトークを続けようとし、MICROに「ここは話してても大丈夫なの?」と心配される始末。最後まで天然爆発でした。

トリのアルファはMCが際だって印象に残っているけど、ライヴ自体は・・・。
自分にあまり合わなかったって言うのもあるけど、おっちゃんは体力的に限界でした。
もう、眠気と必死に戦ってたよ(笑)

最後にサプライズないかなぁ密かに期待してたのですが。ライヴはコレにて終了。

でも、この規模のフリーライヴとしてはメンツも濃く、かなり満足して帰路につけました。
[PR]
by revolvergdsd | 2006-03-04 23:59 | LIVE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd