もう一回行きたかったなぁ。

いよいよあと1日

開幕前、そして開幕直後は何回か行くつもりでいたのに、結局2回しか行けんかった。
一生に一回であろう地元開催の万博なのにさ。

1500万人を目標にしていた来場者は2000万人を大きく超え2200万人に届くほど。
メディアでは経済効果をこぞって取り上げてるが、プラスの話題があれば当然マイナスな面も。

愛・地球博、8時間待ちって問題じゃないの?

自分が行ったときは、もう企業館なんてはなからあきらめていたので、何時間待ちとかは確認していないが東ゲートから入るとまず目につくのがトヨタグループ館の整理券待ち。
1回目は昼前くらいに着いたが、17時からの配布開始にもかかわらず何百人と待っていた。
2回目はアーリーオープンのおかげもあって9時過ぎくらいには入れたと思うが、その時点で17時の整理券配布待ちの列に人がいた。

事前予約制度もタダで取った予約がオークションで高値で取引されたりしたし、その制度自体が地元もしくは近県からの来場者へ対する制度としか思えない。
観光地への何泊かの旅行ならともかく、万博のみの小旅行なら1ヶ月前にきっちり日付が決まってるのは半々くらいだと思うし。

TDR、USJとかと違って期間が限られている以上、より多くの人が見れる、楽しめる努力をもっとしなければいけなかったんじゃ。

開幕前はホントに成り立つのかとさんざんメディアに叩かれ、目標以上の人が集まり始めれば、今度は準備が足りないと叩かれる。
万博協会も耳が痛い状態だろうけど、黒字だどうだと浮かれたりせず、これからの名古屋を、そして愛知をよりよい都市するための教訓としてこういう意見も汲み取って欲しいと思う。


今すぐ出れば今日中には名古屋に着ける。
でも、明日一日並び通しで、夜帰ってきて、あさって早朝から出勤する元気なんてないよ。
あぁ、地元にいたかった。
[PR]
by revolvergdsd | 2005-09-24 21:19 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd