キレイ

日曜日に無理して大阪に戻ったワケは。

コレ

2時半ごろに名古屋を出て、アーバンライナーにて一路大阪へ。
上本町に着いたら、部屋に直行。
いやぁ、たまってますわ。種々のチラシ、特にピンクチラシ(まぁ、土地柄なので)
忘れモノをかばんに詰め込んでシアターBRAVA!に出発。
ついたのは6時ぎりぎり。何とか間に合いました。


舞台のほうはといえば、クドカンテイストがあちらこちらに散りばめられていて、やっぱ面白いっす。
ケガレの鈴木蘭々、高岡早紀を軸に話は進んでいくのですが、脇を固める演劇畑。さすが濃ゆい。
阿部サダヲ、クドカン、松尾スズキ、荒川良々ら大人計画陣に加え、片桐はいり、橋本じゅん、岡本健一とかもいい味出してました。

思わず、笑ってしまうトコロ、考え込んでしまうトコロ、単純に面白いだけではない内容。
クドカンの底力をすこしだけ垣間見たきがしました。

2つの時間軸の物語が時には寄り添いながら、時には離れながら、そして時には交差して話は進んでいきます。
オーディエンスは時にその流れの翻弄され、時に感嘆し、時に笑いと。
演ずることを生業とする。その決断をうらやましく思い、そして憧れました。
[PR]
by revolvergdsd | 2005-08-11 00:32 | MEDIA

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd