THE WHITEBAND PROJECT

ほっとけない 世界のまずしさ


THE WHITEBAND PROJECTが世界的なムーブメントとして展開されてます。

主旨としては、オフィシャルからコピペすると

いま世界では3秒にひとり、子どもが貧困から死んでいます。1日だと3万人。
1日1ドル以下の生活をしている人は12億人、きれいな水を飲めない人は10億人以上、
読み書きのできない大人は8億6000万人、これまでエイズで死んだ人は2000万人。


世界的な貧富の差が拡大しています。モノをつくっても公平に取り引きしてもらえなかったり、返済不可能なほどの借金を背負わされていたりすることで。

この貧困は人災です。克服することができます。
そのために必要なのは「貧困を世界の優先課題とすること」です。

20年前、アフリカ救済イベントで280億円の寄付を集め、
喜んだのもつかの間、それがアフリカでは先進国への債務返済に一週間で消える額でした。
寄付だけでは、貧困のスピードに追いつけないのです。
みんなの意向を集めて、政策を引き寄せなければ。

世界の貧困をなくすために、日本にできることは、
援助をふやす、援助をよくする、
最貧国の高すぎる返済金利を少なくする、
そして貿易をフェアにする、この4つです。
2005年はG8サミット、国連総会、WTOと大きな会議が3つもあります。
日本が世界にむけ「貧困の克服を日本の優先課題にする」とはっきり言うチャンスです。

今、世界が本気になって、構造を変えようとしています。
あなたも、ホワイトバンドを身につけてください。
貧困をなくすために、できることをしてください。

ほっとけない 世界のまずしさ。




「ほっとけない 世界のまずしさ」は、グローバルな貧困根絶キャンペーン(Global Call to Action Against Poverty -- G-CAP)の日本キャンペーンで、世界のキャンペーンと連携を取りながら活動しています。

先日行われた「LIVE 8」もこのキャンペーンとも連動しています。

アピールしている著名人も、一青っち、中田、藤原紀香、村上龍、SHIHO、MISIA、桜井和寿、TERU、北島康介、・・・などなど。

日本で生きている僕らは貧乏であっても、それは死とは結びつきません。
サミットなどでも言われた問題も実際にこの目で見て、そして感じなければ、日本人にとっては決局他人事なんでしょう。

でも、こういった活動を通すことで自分達もこういった活動にたずさわれることはすごくいい事だと思います。自分も購入しようかな。

あと、バンドといえばこんなのも。

「ランス・アームストロング財団(LAF)」 がすすめる癌撲滅プロジェクト。こちらは黄色で「LIVE STRONG」と。興味のある方はこちらへ。
[PR]
by revolvergdsd | 2005-07-09 05:56 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd