モノオモフ

去年の後半から、今年にかけて自分を取り巻く仕事の環境に変化というか歪みが生まれ始めました。

まずは、裏JVで潜り込んでいたS建設から自分の会社に戻ったこと。
2つ目に自分のいる支店が事業不振の為、営業所に格下げとなったこと。
そして、つい先日、本社がバブルのツケを精算する為に再建プランを打ち出しました。

1つ目の事で感じたのは職人の姿勢の違いでしょうか、S建設と言えば日本でも5本の指に入るスーパーゼネコン。本社のある東京に比べれば地盤は弱いとはいえ力的には強いモノを持っています。
質的に、1年居た新潟の職人>大阪のS建設の職人と言う風に感じたので少し落胆していたのですが、うちのはまだひどかった。物は言うけど聞いてないと言った感じで。

バブルの時に一番潤っていた建築業界は、今や互いが互いを食いつぶし合う屈指の不況業種になっています。
なので、残り2つもいつかはこうなるであろうとある程度予測のできていたことなので動揺はしませんでしたが。

ただ、事業所に格下げになったことで、余剰人員が生まれ、本社に戻すという形が取られることになりました。
そして、その方々は1月1日付けから本社に戻られていたのですが、今月の人事通知を見てびっくり。一人の方が退職されていたんです。
そんな話は聞いていなかったし、寝耳に水で。
はじめから、「一応戻すだけ戻して、能力を確認してダメなら切ろう」という考えだったのでしょうか?それとも、本人が、仕事に対して限界を感じ退職されたのか。真実は分かりません。
しかし、もし前者であれば、僕は許せない。たとえそれが今の現実だとしても。
会社の都合で全国動かしておいて、いらなくなったらポイ捨てなのか。

真実を知りたいです。
[PR]
by revolvergdsd | 2005-02-04 21:58 | LIFE

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd