アレキサンダー・マックイーン

ロイヤルウエディングで一躍脚光を浴びたのが、キャサリン妃のウエディングドレスを手がけたブランド「アレキサンダー・マックイーン」。
その名前を聞いて、洋服に惜しげもなくバイト代をつぎ込めた学生時代を思い出しました。

創始者であるリー・アレクサンダー・マックイーンその人は何かのニュースで亡くなってしまったことを知っており、自身の名前を冠しているブランドもなくなっているものだとばかり思っていたので、今回のニュースでブランドが存続している事を知り驚いた次第。
まぁ、これ以上ないくらいブランド名に相応しい名前でもありますが。

このニュースに絡んでネットを彷徨っていたら、気になるニュースがひとつ。
それが、 ナンバーナイン復活 ということ。
ただ、よくよく調べてみると、

「ナンバーナインのクークスが新体制で再起」
「ナンバーナイン」を手掛けてきた有限会社クークスが 新体制のもと再結成された。 
新たなクークスは 同社が所有する「ナンバーナイン」などの商標を用い
新ビジネスをスタートする。
ますは価格を抑えたベーシックラインの「N(N)」とクラシックラインを再開し
これまで取引のあったセレクトショップなどへのアプローチを図る予定だ。
(以上、転載)


との事。宮下氏と全く関係のないところで大人の事情で再開された様です。
それはどうなのか・・・という感じです。

どちらも、ブランド創始者が存続させる事を望んでいるのかなぁ。
[PR]
by revolvergdsd | 2011-04-30 21:41 | MEDIA

5年ぶりに戻ってきたけど・・・今度こそ続くのか?


by revolvergdsd